最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/31 (Thu) 10:58
カウンセリングは反射神経が重要

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



昨日は「養成講座:ケーススタディー」の授業でした。

実際のカウンセリング記録を元に、細かく面接を分析していきました。


クライエントの一言一言をどう聞けばいいのか?

カウンセラーとして瞬間瞬間の対応はどうすればいいのか?

ケース全体をどう捉え、どんな見通しが持てるのか?


こうした様々な要素をいろいろな角度から検討していきました。

カウンセリングの学習で大事なことは、
「実際の」とか「具体的には」という部分です。

この部分がなくて理論だけ知識として覚えても、
実践では何の役にも立たないといっていいでしょう。


カウンセリングやコミュニケーションについて説明するとき、
私はよく「スポーツ」に例えて説明します。

スポーツでもテキストを読み、理論を教わり、
それで上手くプレーできるわけではありません。

実際に練習を積み、試合などの実践を経験し、
そこから改善点や課題を見つけ、レベルアップのための訓練を積む。

この繰り返しによってはじめて実力が向上していきます。


カウンセリングやコミュニケーションも同じです。

相手の話をどう聞き、どう理解し、どういう態度を取るか。

相手の投げかけに対し、どんな言葉で応じるか。


これは「反射神経」の問題になってきます。

ですからカウンセリングの学習も、
この「反射神経」を向上させるという発想が必要です。

瞬間の「反射神経」が向上する訓練を中心とした学習。

これが最も必要な学習であるといえます。


理論はこうした実践的な訓練をしたり、実践そのものを振り返るときに、
様々な角度から適切さを確認するために必要になってきます。

理論だけ知っていても意味がないわけです。


「実際に」とか「具体的には」という部分が重要ということですね。

この部分を徹底的に身につけていけば、本当の実力がつくわけです。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒オンライン講座」無料お試し受講ができます。
>>試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/10/30 (Wed) 08:19
企業研修にカウンセリングを導入

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



昨日は某大手IT企業の人事担当の方と面談がありました。

年間で9回の研修を実施するのですが、現時点で6回を実施。

この時点で講師の研修総括を・・ということで面談しました。


面談の中で、こちらから総括をお話した後、
来期の研修に関する話になりました。

現時点で研修参加希望者が多く、当初の予算枠では収まらない。

もう少し開催の仕方等相談をしたいということでした。


また、研修を単発で終わらせるのではなく、
間隔を空けて連続して受講する形が良いという話に。

早速来期に向けて複数の新しい研修を追加提案することになりました。


もちろん内容のベースは「養成塾」のぷろぐらむ。

つまりカウンセラー向けのカウンセリング研修と同じものです。


正直、カウンセラー向けの研修が、企業研修をして、
ここまで評価を受けるとは思いませんでした。

しかも内容はロジャーズのカウンセリングを下敷きとしたもの。

つまり80年近くまえに創始され、日本には60年以上前に普及しました。


そんな内容が、最先端のIT企業の社員研修に採用される。

しかも受講者の口コミによって参加希望者が増えていったのです。

こう考えると、80年前に必要とされたセラピーの理論が、
現代の社会でも強いニーズがあるということがいえそうです。


今回改めて感じたことは、必要とされるものは
必要とされるのだな・・ということ。

そして時代を超えて普遍的に求められるものがあるということです。

私自身、こうした「普遍的な要素」を重視してきました。

それだけに「我が意を得たり」という心境でもあります。


また、同時にそれだけ多くの人たちが、人間関係の問題にぶつかっている。

コミュニケーションに行き詰り、信頼関係を築けずにいるともいえます。


人間関係を結ぶには、それ相応の根気が必要です。

しかも、関係を良好にするのに必要な根気ですね。

カウンセリングを体験学習することで、その根気を発揮する感覚を養います。

養成塾の塾生の皆さんも、そうした観点から体験学習を継続しています。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/26 (Sat) 09:58
企業の人事担当者向けセミナーを実施しました

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。


昨日はかんき出版のセミナールームにて、
企業の人事担当者を集めての公開セミナーを行いました。

台風の影響が心配される雨の中、
様々な業種の人事担当の方々がご参加くださいました。


内容は「養成塾」でいつも行っている授業内容の縮小版。

ケーススタディーにも、皆さん真剣に取り組んでおられましたが、
今回は参加者のクオリティーの高さに少々驚きました。


どういうことかというと、作成された応答。

そのクオリティーが、皆さん非常に高かったということです。


応答作成のポイントは、今回、それほど説明もしていませんでした。

だから作成頂く前には、
どんな応答が回答として出てくるか予測できませんでした。

ところが、いざ、作って頂くと、それほど時間をかけなくても、
皆さんかなり良い応答を出してこられました。


共感をベースにし、相手の言いたかったことを確認する。

そういう意図をしっかりと織りこんでいたのです。

そもそも企業の第一線でやっている方々ですし、
人事担当者としていろいろなセミナーも参加されているはずです。

さすがに的を射た回答を出されるなと感心してしまいました。


応答というのは、カウンセラーがクライエントの話を受けて発する言葉を指します。

カウンセラーの応答というのは、カウンセリングの流れを左右します。

そのため、応答は全て、どれ一つとっても「適切」でなければなりません。


また、適切な根拠をもって発せられることが基本です。

唯一絶対の正解というものは、もちろんありません。

しかし、クライエントの話の重要な部分を押さえられていることは必要です。


そのポイントが押さえられていれば、カウンセリングの流れは、
これも適切な方向へと向かっていくものです。


私は、こうしたプログラムが企業研修で、今後更に導入されれば、
職場のメンタルヘルスと生産性の向上が可能になると考えています。

そういう意味では、今回のような公開セミナーによって、
多くの企業の皆さんとご縁が生まれると良いなと考えています。

ビジネスマン、OLの皆さんを、陰ながら援護射撃する感じですね。


カウンセリングに来られる方々も、その相談内容の多くが
「職場の人間関係がうまくいかない」ということです。

カウンセリングによる心のケアを通しての援護射撃をしつつ、
同時に企業内研修を通しても援護射撃を行う。

この2本立てのサポートを積極的にできれば、
一人でも多くの方が職場で元気を取り戻す一助になるのではと思っています。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/19 (Sat) 10:14
傾聴とは拝聴すること

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



昨日「養成講座:クラス4」の従業「傾聴トレーニング」を実施しました。

今回もいろいろと塾生の課題が浮き彫りになりましたが、
中でも次のような課題が出てきました。


塾生の一人が、自分の知らない話だった場合に、
しっかりと聞けなくなるというのです。

そしてその時出てくる気持ちが「申し訳ない」というもの。

自分はその話をよく知らないので、十分に理解できない。

理解できないから、話してもらうのが申し訳ないということのようです。


ここで私は「傾聴というよりも拝聴する」というお話をしました。


カウンセリングをしていると、様々なクライエントが来て下さる。

その時話される話の多くは、カウンセラーもよく知らない話。

クライエントの勤めている会社の事情、業種、業界など、
必ずしもこちらが熟知しているわけではありません。

むしろ、こちらが知らない、詳しくないテーマを聞くことがほとんどです。


そんなとき、「詳しくないので申し訳ない」という気持ちがわいてしまう。

それでは、確かに聞けなくなってしまいます。

ここで塾生に「発想を転換してもらいたい」と伝えました。


むしろ「詳しくないから」聞く・・という発想の転換です。

詳しくないから、聞かせて頂く、教えてもらうということです。


カウンセリングでは、カウンセラーはクライエントの話を
「聞かせて頂く」という気持ちで聞いていくことになります。

「あなたのことを私はよく知らない。だから教えてください」となります。

そして相手を理解するためには、とにかく聞くしかないわけです。


つまり傾聴ということは、別な言い方でいうと「拝聴」になります。

この「拝聴」こそ、カウンセリングの精神では、とても重要なことだといえます。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/16 (Wed) 10:14
カウンセラーの価値観・人間性のチェック

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



クライエントの話を聞く、正確に。

聞いた話を理解する、的確に、そして深く。

その理解を通して言葉で応えていく、適切に、配慮をもって。


カウンセリングでカウンセラーが対応する基本はこの3点。

ところが、この3点が実に難しいということになります。

なぜ難しいということになるのか?


それは、このそれぞれの「聞く」「理解する」「応える」のところに、
カウンセラーの価値観、人間性などの要素が入り込むからです。

つまりカウンセラーの価値観や人間性というフィルターを通るため、
正確に聞けなくなったり、的確に、深く理解できなくなるのです。

当然、適切で配慮のある言葉で応じることも難しくします。


だからカウンセリングのスキルを上げるためには、
先ず、カウンセラー自身がどんな価値観・人間性を有しているか。

そのことに気づくことが最も大切なことになるわけです。


カウンセラー自身に離婚の経験があり、その経験が傷になっていたり、
未だに分かれた夫に否定的な感情が強い。

そういう場合は離婚の相談を受けるときに、
その経験からできてしまった価値観が働きます。

当然、正確に相手の話を聞けなくなりますし、
的確な理解という点でも不十分になります。


クライエントの相談にしっかりと対応できるためには、
少なくともそうした傷を克服していることが必要です。

自分が同じ苦労したから、相談者の気持ちがよくわかる。

それはそうなのですが、上記のような「克服」「解消」がなされていないと、
逆に相手の気持ちがわからなくなります。


なぜなら、クライエントの経験とカウンセラーの経験とは
似て非なるものであるからです。

カウンセラーが自分の経験に当てはめようとしたり、
自分の経験と混同してしまうようでは、
もはや正確に聞けるはずもなくなります。


そうした余計な感情が全く起きないということが
カウンセリングでは必須の条件だということになります。

余計な感情や思い、考えが浮かばない。

ただただ、クライエントの訴えを一心に聞ける感覚。


カウンセラーがカウンセリングを受ける必要性というのは、
こういう視点から考えてもとても重要なことだといえます。

自らがカウンセリングを受けることを嫌がるカウンセラーは
こうした問題性を抱えている可能性があるかもしれません。


養成塾の塾生は、こうした観点からカウンセリングを受けています。

「養成講座」の中にカリキュラムとして組み込まれているからでもあります。

自己を振り返るということを、カウンセラーは徹底するしかないようです。





追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/12 (Sat) 16:01
沈黙にどう対処すべきか?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「沈黙によってわかるカウンセラーの力量」


養成塾の授業の中で、「沈黙への対応」が話題になることがあります。

先ほども受講生の方の「逐語」をチェックしていましたが、
そこでも「沈黙への対応」について、話が出ました。


カウンセリングでは、沈黙は一つの大切な場面です。

沈黙をいかに生かしていくかが、カウンセラーの腕の見せどころです。

実力のあるカウンセラーは、この沈黙を十二分に活用していきます。


経験の浅いカウンセラーは、初めのうち、この沈黙に耐えられません。

沈黙が起きると耐えられないので、すぐにその沈黙を埋めようとします。

単に沈黙を埋めようとして何かを言うので、
その言葉は結果的に不用意です。


カウンセラーの発する一言は、たとえそれがどんな場面の
どんな一言であっても、必ず次につながる一言である必要があります。

なぜなら、カウンセラーの発する一言によって、
面接の流れが大きく左右されてしまうからです。

そこまでの会話の流れやクライエントの内面に十分な注意もなく、
単に沈黙を埋めようとする言葉は、やはり不用意になりやすいものです。


カウンセラーの力量を見極めるには、
この沈黙の場面でどんな対応を見せるか?

すぐに動いてしまうのか、じっくりと構えていられるのか。

その態度によってその実力のほどが伺われるといってもいいでしょう。


力のあるカウンセラーほど、沈黙の後におとずれる場面が
カウンセリングの進展につながることが多いことをよく知っています。

だから沈黙に対して落ち着いて待っていることができるわけです。

もっというと、待つべき沈黙か、埋めるべき沈黙かを
しっかりと見極められる力を持っているということですね。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/09 (Wed) 14:44
基本を学ぶための方法

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「自己流は事故を起こす」


ある人の言葉です。

初めて聞いたとき、うまいこと言うなあ・・と思いました。

なぜなら、自己流の怖さを私はある意味、つくづく感じてきたからです。


何かをマスターしようとすれば、まずは基本が大切です。

基本的なこと、基礎力を身につけることで、応用や実践の力がつきます。

その基本、基礎は、信頼できる人間からしっかり学ぶのが良いでしょう。


もちろん、カウンセリングも例外ではありません。

戦後、アメリカから日本に紹介され、瞬く間に広がったカウンセリング。

厳密にいうとロジャーズの「来談者中心療法」ということになります。


この心理療法の難しいところは、理論や方法論だけでは片付かないところ。

臨床における「反射神経」を身につけなければ、どうにもできないところでした。

それゆえ、多くの臨床家が自分の面接を録音し、逐語記録を起こし、
自分の面接での反応のあり様を徹底的に研究しました。


私も例外ではなく、最初の5年間はひたすら面接を録音し、
そして逐語記録を起こし、師匠の指導を仰ぐという毎日を送りました。

50分の面接の逐語を起こすには、8時間以上を費やしました。

合計で100回以上の面接の録音と逐語を起こしました。


10年目に入った今も、録音記録の聴き返しだけは、
毎回の面接後に行い、自分の面接研究を続けています。

こうして自己流ではない基本、基礎を自分自身に叩き込み、
なおかつそこから応用・実践の力をを自分なりに磨いてきました。


現在は独自の面接研究と面接技術研究のメソッドを開発し、
養成塾にて塾生の指導に役立てています。

塾生の皆さんは、自分自身と真摯に向き合い、
自分の至らなさと真剣に向き合い、自己向上に余念がありません。

そういう場があることを、私自身ありがたく思っています。


そうした授業・研修を通じて、塾生の皆さんもこう思っていることでしょう。

自己流は事故を起こす・・・と


養成塾を立ち上げて3年が経とうとしていますが、
2年以上通っている塾生も何人かいて、継続学習の大切さを感じます。

一つのことを単発ではなく、
継続的に学び続けることで見えてくることがあります。

続けるということの力は、そんなところにもあるといえるでしょう。



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/08 (Tue) 15:09
成果を上げる人間の特徴とは?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



塾生やいろいろな人たちを見てきて、改めて思います。

何を思うかというと、
物事を「着実にマスターする方法」についてです。

着実にマスターするには、
一つのことを徹底して掘り下げることが不可欠です。


掘り下げるといえば、カウンセリングや心理療法の勉強についても同じです。

世の中には数多くの心理療法があります。

認知行動療法、論理両方、行動療法、ゲシュタルト療法、フォーカシング etc

また、カウンセリングの勉強方法も
いろいろな方法論が展開されています。


勉強を続けていくうちに、多くの人たちが
新たな理論や勉強の場を求めます。

ただ、気をつけないとそれは一度も卒業することなく、
次々と入学や転校を繰り返すことと同じになります。


私がなぜ、一つのことを掘り下げることを強調するのか?

それは、一つのことを掘り下げていくと、
物事の真実や普遍的なことが見えてくるからです。

一つのことに集中的に取り組み、あるレベルまでマスターできると、
その経験から物事に習熟していくとはどういうことかが体験できます。

更には一つの事を掘り下げることで、
他の事象や問題にも通じる「法則」みたいなものが見えてきます。


私の場合でいえば、1対1の面接について徹底的に研究し、
その面接技術の向上に取り組んだ結果、様々な恩恵が獲得できました。

人間の本質、社会の本質が見えてきて、物事を洞察する眼を持てました。


また、この面接技術は、カウンセリング講座や
企業研修の講師業にも生かされています。

なぜなら、受講生のどんな質問にも、具体的にしっかりと答えられるからです。

また、面接を徹底的に掘り下げてきた経験からものが言えるので、
非常に説得力のある回答が出せるからです。


カウンセリングでいえば、「聞く」ということ、
とりわけ「正確に聞く」ということを
徹底的に掘り下げ、研究し、向上させていくことです。

「正確に聞く」技術、そして力が備われば、
深い心理面接が可能となり、様々な成果につながります。

何よりもそうした姿勢はクライエントの信頼を得ます。

そこに信頼に値する「落ち着きや安定感」を感じるからです。

腹の座った感じがするわけですね。


そう考えると「一つのことを掘り下げる者が
全てに通じていく」と言えるかもしれません。

一つのことを掘り下げ、ある領域(レベル)まで行けると、
他の分野でも徹底的に取り組む姿勢が身につきます。

結果としてそういう人間は、いろいろな分野で力を発揮できますよね。


一つのことを掘り下げるとはどういうことか?

それは、一つのことを掘り下げた経験をするしか理解できないでしょう。

せめてそういう経験のある人にふれたり、
教えを受けることが必要になるでしょう。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/04 (Fri) 18:24
有資格者・プロ向けの授業です

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



養成塾で中心的に行っている授業は何かというと、
一言でいえば「面接研究」です。

「面接技術の向上」を目的として、そのために様々なプログラムをこなします。

受講者は主に有資格者・プロのカウンセラーやセラピストであったり、
プロを目指している方であったりします。


そうした方々が養成塾で訓練を積むことによって、主に次のことがマスターできます。


●短時間でクライエントに信頼される対応

●相談内容・問題の真相を理解し、解決の道筋を短時間で掴む方法

●様々な状況に対して適切な言葉で応じる力

●クライエントの内面を的確に、深く理解する力

●精密できめ細かい傾聴の感覚

●人間洞察、問題洞察、状況を洞察する力 等



資格を取った後、実際の面接(セッション)でぶつかる様々な問題や困難。

それらに対してどう対応したり、どう克服したりすれば良いのか?

その答えを指導者や仲間と共に見つけるための授業。


それが「臨床カウンセラー養成塾」の授業になります。


「実際には何をすればいいのか?」

「具体的にはどうすればいいのか?」

「プロとして何をどう目指せばいいのか」



こうしたことを学ぶことができます。


内容の比率としては、理論が20%で実践が80%です。

特に養成講座の場合、トータルの訓練時間は56時間に及びますが、
そのうち理論学習は16時間です。

しかも、その16時間はテキストを徹底して読み込み、
そこに書かれていることが腑に落ちるまで時間をかける独自の学習法です。


臨床において本当の力をつけたい方、
真の意味でクライエントの援助のできる力をマスターしたい方。

「臨床カウンセラー養成講座」はそうしたニーズにお応えするためのプログラムです。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。