最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/08/17 (Sat) 10:40
成功するセラピーの条件

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



「セラピーで成果をあげる条件とは?」


カウンセリングなどのセラピーで、成果を上げるためには
ある条件が整う必要があります。

では、その条件とは何でしょうか?

どんな条件が揃えば、セラピーは
成果をあげることができるのでしょうか?


その答えは、クライエントから「絶対的な信頼」を得ることです。

クライエントからセラピストが「この人は信頼できる」と
心から思える関係になることです。

肩書や実績、知名度ではなく、目の前のセラピストを
一人の人間として深く信頼できること。

クライエントが心からそう実感できることであり、
互いがそういう関係になるということです。


ではいったいどうしたらそのような関係になれるのでしょうか?


それは、クライエントがあなたに対して
「自分のことを一番よくわかってくれる人だ」と実感できること。

クライエントがそう思えるような
「働きかけ」や「あり方」をとり続けることです。


この人は自分のことを誰よりも一番わかってくれている。

そういう思いをもてる経験をセラピーの中で重ねていくことです。

学校でいえば、子どもが「この先生は自分のことを
他の誰よりも一番わかってくれる」ということになりますね。

自分の気持ち、して欲しいこと、して欲しくないこと、
言いたいこと、言いたくないことが何かを、
いつも、誰よりも理解してくれている。

子どもからこう思われる先生は子どもから「絶対的な信頼」を得ます。


決して「感心するような話をする」とか、「すごいアドバイスが出来る」とか、
「最新の心理学を知っている」「ガツンとものを言う」などということではありません。

肝心なのは「他の誰よりもクライエントを
最も理解しようと努め続ける」その姿勢が根本にあることです。


「理解したい」という思いが本当の理解につながり、
理解されたという実感がクライエントの信頼感を生む。

そういう互いの関係が成果につながっていくわけです。



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/08/13 (Tue) 10:08
カウンセリングスキルを飛躍させるには?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



ひさしぶりの更新になります。

ここのところ「養成講座」や「企業研修」
さらには「個人カウンセリング」等々、記事を更新する時間というか、
気持の余裕がなかなか持てずにいました。

執筆原稿の締め切りも複数重なったため、
それらの仕事を優先し、更新が滞ってしまいました。


「時間効率をもっと上げなきゃ・・・」等と思い、
フッと自分の仕事効率やアウトプットについて考えました。

ふり返ってみると、心理カウンセラーとして起業した当初に比べ、
当時の「半分の労力」で当時の「倍以上の成果」が出せるようになりました。

労力というのは時間やエネルギー等のことですね。


つまり今後は、同じ労力で更に多くの価値を提供できるように
常に自分のコンテンツを進化させていかなければなりません。

私自身、自分の仕事やその成果に対して、
満足などとてもできるはずもなく、改善点が次々と浮かんできます。

5年後、そして10年後を見据えていくと、
質、量、規模など、まだまだレベルアップさせていくつもりです。


そのために今、「既存の仕事」を改めてしっかりこなすことに集中しています。

自分が既に手にしているリソースを熟成させていくといった感じです。

既に成果は出始めていて、ここから様々なアウトプットを波及させていけるでしょう。


私たちは何か行き詰ったり、更なる飛躍を望むと、
どうしても新しい考えや方法に飛びつきたくなるものです。

しかし、新しいものから結果を生むには、
やはりそれだけの時間と労力が必要です。

新規は新規で上手に時間を割きながら、
既存のリソースをより熟成・開花させることにも注力する方が、
結果的に更なる飛躍を達成しやすくなるものです。


カウンセリングのスキルをレベルアップさせるのも同じです。

目新しいものに飛びつき、レベルアップしたつもりになるのではなく、
今まで続けてきた学習法を粘り強く続けていく。

あちこち手を拡げるのではなく、一つをとことん掘り下げる。

結果的に一つのことを掘り下げることは、多くに通じる道になりますし、
本当の飛躍やレベルアップは、その先に待っているのです。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。