最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/31 (Fri) 09:51
カウンセリングのスキルアップ、その最も確かな方法

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



「聞く力というのはセンスとか素質もありますよね?」


養成塾の授業の中や懇親会の中で、
時々こうした質問を頂くことがあります。

そんな時、私はこう答えています。


「いいえ、訓練と経験です」


おそらく養成塾の授業に参加することによって、
「聞ける」ことの難しさを痛感することで出てくる質問でしょう。

自分には果たしてクライエントの訴えを
深く聞き取る力をがつくのだろうか・・・と。


しかし、あくまでも「聞けるようになる」ために必要なのは、
訓練と経験を積み重ねることです。

それ以外には向上させる方法を私は、見つけることができません。


もちろん、センスとか素質といった要素が全くないかというと、
それは多少は含まれてくるかとは思います。

しかし、大部分は「訓練と経験」に裏打ちされた力です。


少し厳しいことを言うようですが、
そもそも「センスだ」「素質だ」と言えるほど、
訓練と経験を積むということに挑戦してきたのでしょうか。

ここまで努力して、ここまで訓練を積んできて、
でも、それでも向上の兆しが全くみられない。

これはもう素質とかセンスの問題だ・・・という話ならわかります。


しかし、大抵そこまでの訓練を積んでいくと、
そういう余計な迷いが出る前に、「何か」が見えてくるものです。


私はかつて師匠のテキストに書いてあった言葉を拠りどころに、
ひたすら自分の面接を研究(逐語起こし)をし、指導を仰ぎました。

ちなみに師匠の言葉とはこういう言葉でした。


「逐語をとるというと(しかも一言半句正確に記録するというと)
実に大変で、面倒な作業ですが、それだけに録音は聞いても、
記録にまでする気にならないという人も多いようです。

しかし、実は、この逐語記録をとるということが、
一番手っ取り早い、しかも、最も効果的な聞く学習方法となります。

なぜなら、逐語記録をとるということは、
何ともいえないほどの単純作業のようですが、
しっかり聞けないと記録に起こせないわけです。

従って否応なく、耳を傾けざるをえない。

そしてそれをやり続けると、あえて、そうしようとしなくても、
いつの間にか"聞こう"という姿勢が体得されるからです」


そこで私は、この実に大変で、何ともいえないほどの
単純作業(笑)をひたすら続けていったのです。

50分の面接の逐語を起こすには、少なくとも毎回8時間はかかりました。

そして自分の面接の録音と逐語を師匠に提出し、
指導を仰ぐといことを5年にわたって継続しました。


ある時期は"毎週"逐語と録音を提出するということを
1年間続けた時期もあります。

仕事の合間をぬっては、逐語起こしをしていたものです。


合計で少なくとも100回分以上の面接の逐語を
師匠に提出しました。

また録音記録を自分で聴き返すという作業は
現在においても(8年間)続けています。


そうして振り返ってみて感じることは、
最も面倒な作業を誰よりも繰り返すくらいのつもりで、
訓練と経験を積んでいく。

そうすれば「センス」とか「素質」といったあいまいな話は
おそらく入り込む余地がなくなるのではないかと思います。


仮に自分にセンスや素質が足りないと本当に実感するのなら、
それこそ人の何倍も訓練と経験を・・・となるところです。

いずれにしても、聞く力を獲得したいと思うのであれば、
獲得できるために必要なことを必要なだけやっていく。

話は極めてシンプルな結論になりそうです。



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/05/29 (Wed) 10:48
ひたすら面接の研究を

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



「カウンセリングに王道なし」


「学問に王道なし」という言葉がありますが、
この言葉はあらゆることに通じる気がします。

カウンセリング学習においてもそうですし、
実際の臨床においても同じであると思います。


カウンセリングというのは一言でいうと、
どれだけクライエントの状態と状況を正確に把握できるかであり、
そこからどれだけ適切な対応が導き出せるかです。

本当にこのことに尽きるといってもいいと思います。


では、そのために必要なことって何か?


最終的に私がやっているのは「面接の研究」です。

そのクライエントとの面接の録音を聴き返し、
問題の理解、状態や状況の把握、そして、
カウンセラーとしての対応一つ一つのチェックですね。

これを怠らないという、このことに尽きると思っています。


実際に「これは難しいケースだな」と感じる面接については、
その録音記録を納得のいくまで聴き返します。


聞き漏らしている箇所はないか?

不的確な理解をしている部分はないか?

応答などの対応は適切になされているか?


こうした事項を徹底的にチェックし、研究する。

カウンセリングの成功や臨床の実力向上は、
もう面接記録の研究をひたすら続けるしかないと思っています。


養成塾では、この「面接研究」の方法もお伝えし、
実際に授業で公開もしています。

また、受講者のケースのスーパービジョンも実施しています。

要するに「答えは常に現場にある」ということですね。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/22 (Wed) 18:52
開業成功の心得

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



「カウンセラーとして独立するのに必要なことは何でしょう?」


今日は養成塾の「体験講座」を受講して下さった方と
フォローアップということでお会いました。

90分ほどのお時間の中で、いろいろなお話をしました。

その方から頂いた質問の一つが、上記の質問でした。


その方のお話や決意のほど等、いろいろお聞きしながら、
私は次の3つのことが大切ではないかとお伝えしました。


1)信頼できる指導者を持つこと

特に独立して自分の相談ケースを持つようになった場合、
一人で抱え込んでやるのではなく、適切な指導を受けること。

こうした場を確保することが必要ですね。

一人で抱え込めば、伸び悩むばかりか、
難しいケースに精神的に参ってしまう場合もあります。

常に自分のケースについてアドバイスがもらえるような
いわゆるスーパーバイザーが必要になります。


2)同じ方向を向く仲間を持つこと

私の場合もそうなのですが、起業家仲間とか、
個人事業主の仲間を持つことをおススメします。

もちろん同じ心理の世界でもいいのですが、
できれば他の世界、異業種同士のネットワークがいいでしょう。

独立してカウンセリング事業を行うとき、
お互い前を向いて励まし合える仲間がいることで、
一人でがんばるよりもがんばれるものです。


3)経験値を積んで力に変えていくこと

この仕事は自信をもって臨むということが難しい仕事です。

なぜならば、相談内容というのはどれも非常に困難なもので、
そうそう簡単に解決の道筋は見つからない場合が多いものです。

だから私自身、特に最初の面接に臨む際には、
自信などというものはほとんど無いといっていいでしょう。

ただ、経験値を積み上げていくことで、
臨床家としての力をつけていくことはできます。

信頼できる指導を受け、その上で経験を積んでいけば、
必ずそれが大きな力となって発揮できるようになるはずです。


経験を通して身体で覚えたものこそが、
自分にとって本当の「力」に変わっていくものです。

苦労して身についたものこそが、「自分のもの」になるわけです。


この3つのポイントを守ってやることで、
右も左もわからないままに自己流でやるよりは、
はるかに確かな道のりを進めるようになると思います。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/21 (Tue) 11:04
カウンセラーの態度とカウンセリング

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


私たちが悩んだり迷ったりするとき、
考えなければならないことが2つあります。

先ず一つには「視野の狭さ」ということです。

物事や人を見る視野の狭さですね。


これは元々視野の狭さを持っていたから問題が発生した場合と、
問題が発生したから視野が狭くなってしまった場合とがあります。

いずれにしても、視野の狭い中で物事を見たり考えたりしても、
中々良いアイディアやしっかりとした判断はできません。


二つめは「将来への不安」ですね。

これは必要以上に自分の将来を悲観してしまったり、
未来を否定的にしか捉えられなくなったときです。

こういう精神状態では「将来=不安」となってしまいます。


カウンセリングにいらっしゃるクライエントも、
こうした「視野の狭さ」と「将来への不安」をもっています。

この時、それに応じるカウンセラーは、クライエントに比べ、
「広い視野」と将来に対する「楽観的な態度」をもって臨みます。

実はここがカウンセリングの一つの「ミソ」なんです。


カウンセラーはクライエントよりも広い視野をもっているので、
クライエントの話を聞きながら、クライエントよりものが見えています。

また、将来への不安を話している際にも、
カウンセラーはどこか楽観的な感じでその話を聞きます。

クライエントはカウンセラーの「大丈夫、じっくり取り組んでいきましょう」
という態度にふれ、自分も少しずつ安心感を感じ始めます。


カウンセラーが何かをしたり、言ったりしたわけではないですが、
カウンセラーから漂う「安定感」に、クライエントは安心する。

こうした「雰囲気」や「態度」をもった人間と接触するということ。

この経験はクライエントにとって、決して小さいことではないわけです。


そういう意味ではカウンセラーは普段から、
物事をどんなふうに観て、どう捉えていくかについて、
出来るだけ「広い視野」と「楽観的な態度」を持てるといいですね。

不測の事態にも慌てず落ち着いて対処する姿勢。

「まあ、なんとかなります、大丈夫」という雰囲気を醸し出せることは、
カウンセリングを成功させるためには、とても重要な要素です。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/19 (Sun) 10:14
共感的理解と応答

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


17日に「体験講座:傾聴トレーニング」を実施しました。

今回は参加者のロールプレイの内容が切実なものだったため、
傾聴のチェックというより「ケース検討」が主となりました。

しかし、要所で「聞き方」「応じ方」について確認をしました。


今回お伝えしたもので参加者から反響があったのは、
「応答の心得」といえる部分の話でした。

カウンセリングでクライエントの話を聞き、
それに対してカウンセラーが応答する場合の心得です。

私からお伝えしたのは「先ず心ありき」ということでした。


カウンセラーがクライエントへの応答を考えるとき、
最初に言葉から入るから躓くということ。


クライエントの話を聞き、自分はどう感じたのか?

どんなことがイメージされ、どういう感情が起きたのか?

その感情を言葉にしていくのが応答の基本だということでした。


それには、クライエントの話を平板に聞いているだけではダメなんですね。

その話をカウンセラーなりにイメージし、
クライエントの経験の世界をリアルに感じようとする。

そうすると、その感じを受けて、カウンセラーの心が動く。


もちろんこのイメージや感じは、本当にリアルであることが必要です。


そうした心の動きを言葉に込めて応答という形で投げ返す。

そういう言葉だからこそ、クライエントに受け容れられたり、
クライエントの胸をうつものになるわけです。


言葉を音声としてだけ聞き、言葉の意味にのみ反応し、
言葉だけで返そうとするから上手くいかない。

上手くいかないから無難な線、無難な線となり、
結局、オウム返しに毛の生えた程度の言葉しか返せない。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、
クライエントのことを考えると、ここは妥協できないところです。


クライエントの話をしっかり聞ければ「ああ、それは大変だったなあ」とか、
「どんなにか悔しかっただろうなあ・・」といった実感が湧くはずです。

そういう実感が最も伝わる言葉や表現を選んで投げ返す。

だからこそ、クライエントも「わかってもらえた」と感じるんですね。


人間にとって「理解される」という経験は、やはり大きな喜びです。

「わかってもらえた」という経験は、私たちにとっては、
大きな力に変わるものだと思います。


カウンセリングで大切なことは、何か知恵を授けることではなく、
クライエントの経験の世界を理解しようとする努力。

クライエントに「わかってもらえた」という経験をしてもらうこと。

その経験が力に変わるような面接にしていくことなんですね。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/17 (Fri) 10:03
カウンセラーの判断力とは?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



カウンセラーという仕事は、常識を超えたところで
いろいろな対応を迫られる仕事です。

なぜなら、カウンセリングの対象になる相談内容というのは、
社会の常識、一般論、正論では対応できない問題が多いからです。


精神的に参っていたり、心理的問題が発生した場合、
「こうすべき」という正論では片付かないのです。


「どうしても前向きになれない、やる気が起きない」
「否定的なことばかり考えて行動に移せない」
「自分に自信がないので、自分をすぐ責めてしまう」


こうした相談には「前向きになることを習慣化しましょう」といった
自己啓発的な働きかけは一切通用しません。

従って、このような相談に対応するカウンセラーには
時には常識を超えた判断やものの観方が求められるのです。


ところが、そうした常識を超えたところで
的確な判断と適切な対応を取るためには、
ある意味、誰よりも常識を心得ている必要があります。

つまり、常識を超えた判断であっても、
そうしたところでしっかり仕事ができるためには、
常識を熟知している必要があるということです。


例えば不登校の子どもへの対応を考えてみましょう。

すぐに再登校刺激を与えられない場合は、
少し時間をかけて情報収集や当人とのコンタクトを考えます。

しかしこの時、本人に余計な刺激を与えない方が賢明という判断はあっても、
学校に行けない期間が長期化するとこのリスクを熟知していれば、
強引な手法は取らないまでも、常に「時間」を意識して対応を考えます。


学校に行かないということは、集団生活の中で働かせる神経を
長期間使わない生活を送ることになります。

ところが、長い期間こうした神経を使わないでいると、
社会適応に必要な能力や神経が育ち損ねてしまいます。

こうした社会的な神経というのは、ずっと使わないままでいると、
段々と錆びついてきて、働かなくなってしまうからです。


この遅れを取り戻すことは、並大抵のことではなく、
あまり長期化すると、取り戻すことは極めて困難になることもあります。


そういう臨床的な「常識」を心得ていれば、
慌てず、けれども時間を常に意識した対応を・・となります。

こうしたバランス感覚をしっかりともった上で、
常識を超えた判断や対応を思い切ってとる。

カウンセラーには、こうした「力」が必要になりますね。



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/15 (Wed) 19:21
深い人間理解の必要性

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



カウンセラーという仕事をしていると、
実に様々な方々とお会いすることになります。

また、相談する内容も多岐にわたります。

そんな時、カウンセラーに必要なのは、
価値観の多様性と人間理解の深さだなと感じます。


相談内容の特異性に圧倒されてしまうようでは、
そもそもその相談には乗れません。

相談内容の特異性の奥にある相談者の想い、相談者の人間性など、
そうしたところにもしっかりと関心を向け続ける。

だからこそ、様々な方と様々なテーマについて
膝を突き合わせてじっくりとカウンセリングができるわけです。


例えば、我が子のことを愛せない、可愛いと思えない。

こういう相談内容に、一般論や正論で応じたら、
間違いなくカウンセリングは失敗します。


正論でいけば、親なら我が子を愛せるはず・・・となります。

でも、実際の相談内容は「愛せない」「可愛いと思えない」です。


そういう訴えに、カウンセラーとしてどういう姿勢で応じるのか?

我が子を愛せないという事実に、どう一緒に向き合っていけるのか?

ここに多様な価値観と深い人間理解が必要なんですね。


相談内容に深い理解を示し、一緒に考えていくには、
カウンセラーの人間的な器が試されます。

落ち着いて聞いていけば、クライエントの「愛せない」に続く
様々な葛藤や想いが切々と語られるはずなんです。


そういう語れるものを持っているからこそ、
その人はカウンセリングに訪れている。

そのことをカウンセラーは絶対に忘れないでいたいものです。



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/07 (Tue) 12:04
否定的な道のりこそ重要

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「(クライエントに対し)良くなってほしい」


この思いが強すぎると、カウンセリングは失敗します。

なぜ、失敗してしまうのか?


一つは「焦りを生む」ということがいえます。

カウンセリング面接において、十分に間をとったり、
沈黙を静かに待つという姿勢や対応が失われるからです。


もう一つはクライエントの立ち直りに必要な「ある経験」に
十分寄り添うことが出来なくなるからです。

その経験とは「一旦落ち込んでいく」というプロセスです。


全てのケースに当てはまる話ではないですが、
多くのケースが「一旦落ちる」というプロセスを踏んでいきます。

なぜなら、クライエントによっては、自分が認めたくないこと、
怖くてふれられないこと、不安なことにしっかりと向き合うことが
必要な場合があるからです。

ある意味、とても厳しい道のりなわけで、
とても嬉々として取り組めるような種類のものではありません。


しかし、カウンセリングが深まって、自分自身を少しずつ向き合えると、
クライエントは本能的に問題の核と向き合う必要性を感じます。

私はこの過程でも「向き合いましょう」とは言いません。

私からそのような働きかけをせずとも、
クライエントは自ら自分の中にある問題の核と向き合おうとします。


その時、カウンセラーが「良くなってほしい」と思い過ぎると、
クライエントが一時的に否定的な状態に変化していくプロセスに
十分寄り添うことができなくなってしまうのです。

ですからカウンセラーは、問題を抱え、向き合えないための否定的状態か、
問題に向き合うことによる一時的な否定的状態かを見極めなくてはなりません。


私の場合、「良くなってほしい」という思いはあまり持っていません。

それよりも、目の前のクライエントをそのまま受け止めようとか、
クライエントの中で今、何が起きているかを理解しようということ。

このことしか頭にないといってもいいと思います。


一言でいうと「受容」と「共感的理解」という言葉になりますね。

ここに専念できればできるほど、カウンセリングは成果につながります。

つまり「良くなってほしい」よりも「理解したい」ですね。





追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/05/02 (Thu) 21:08
2年半、32回続けてきました

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



養成塾を立ち上げたのは2010年の秋のことでした。

当初は自分が学び、培ってきた「カウンセリング」について
"とことん伝える場"を持とうと思っただけでした。


自分が学んできたことは、
非常にオーソドックスな内容だと思っていました。

しかし、いろんな人と話をしていくうちに、
オーソドックスなものとして認知されていないことがわかりました。


本来ロジャーズのカウンセリングは、
あらゆるセラピーの基礎ともいえるもの。

ですから新しいセラピーを学ぶにしても、
まずロジャーズにふれることで、その後が拓けてきます。

しかし、多くのセラピストたちは、
その「基礎」にふれぬまま、最新の心理学やセラピーだけ拾う。


そういう学習で何が一番困るかというと、
実際にクライエントに接触するときです。

人と触れ合い、心を通わせ、信頼関係を築くには、
知識や理論だけではあまりに心許なくなるからです。


だからブログもそうした"思い"を
記事にぶつけるというところからスタートしました。


ところが、スタート当初から反響があり、
じゃあ少人数の勉強会を・・とスタートしたのが
2010年の11月のことでした。

そこから地道に続けてきた勉強会は「体験講座」となり、
次回が32回目の開催となります。

この間、ずっと同じことを続けてきただけです。


そして様々な受講者の皆さんから意見を聞くうちに、
他のスクールでは絶対にできない授業を意識して実施し、
ブログの内容もそれにならいました。

・応答の仕方を具体的に指導する

・面接の録音&逐語記録を徹底検討する

・ロールプレイの実技も録音し、何度も聴き返してチェック

・人を前にしたときの反射神経を磨く独自のプログラム

・資格取得目的ではなく、有資格者が求める授業内容を重視


こうした内容を提供し続け、気がつくと2年半にわたって、
変わらず同じことをやり、同じことを伝え続けてきました。

そのメッセージに共感してくださった方々によって、
養成塾は今、成り立っているわけです。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック









| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。