最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/23 (Sat) 10:37
ペットとカウンセラー


こんにちは、鈴木です。



私の家族を紹介します。


$臨床カウンセラー養成塾

オカメインコ、名前は「セン」です。


寿命は十数年はあるそうです。
健康であれば、あと10年は生きてくれます。


この「セン」ですが、
なぜか不思議と私に懐きます。

家族の中で、私に一番懐きます。



本来ペットというのは、
一番世話をしてくれる人に懐くそうです。

でも、私はあまり世話をしません。

それなのに、私に一番懐きます。



知り合いの獣医さんにもお訊きしましたが、
私に一番に懐く理由がわかりませんでした。


かごから放ち、部屋で遊ばせることがあります。
そんな時、かごに戻すことが出来るのは、
家族の中で私だけなのです。


なぜなら、私以外の家族が捕まえようとしても、
すぐに逃げてしまうからです。

ところが、私が手を差し伸べると、
スンナリ応じ、かごに戻ります(笑)


何とも不思議な話ですが、
それが我が家の当たり前です。








スポンサーサイト

2011/07/22 (Fri) 18:32
運とカウンセリング


こんにちは、鈴木です。



「カウンセラーは強運の持ち主であれ」


カウンセリングをするのであれば、
カウンセラーは、自分の運を良くすることを
常に考えていたほうがいいですよ。


クライエントはある意味「不運」を背負って
カウンセリングに訪れます。

「運がない」「ついてない」という思いを
根強く抱いている状態です。


だからこそ、彼らをお迎えする私たちは、
強運の持ち主でなければなりません。


強い運をもっていれば、相手の不運をも、
幸運に変えてしまうこともできます。


強運の持ち主になるには、
普段の生活や言動が大切です。


私はそれこそ、小さな運から
コツコツためる努力をしています。


例えば、信号を必ず守る。
人が傷つくようなことを言わない。

いつも場を明るくすることを考える。
相手が安心できる雰囲気を心掛ける。

人への配慮や礼を失しない。
感謝の気持ちを忘れない。


そうした積み重ねが自分の運を良くします。


カウンセラーとしての強運も、
そうした小さな努力の積み重ねからです。



カウンセラーは腕(技術)と共に、
運も磨く必要がありますね。








2011/07/19 (Tue) 19:09
【満席】8月7日:エンカウンターグループ募集終了のお知らせ


こんにちは、鈴木です。



おかげ様で、「エンカウンターグループ」は
満席となり、募集を締め切らせて頂きました。


毎回人気のワークショップですが、
今回も早々に満席となりました。


お申込み頂いた皆様、
誠にありがとうございました。


次回は11月位に2日間の開催を予定。


詳細はまたブログなどで告知いたします。







2011/07/19 (Tue) 11:06
■アロマセラピストさんの声


こんにちは、鈴木です。



「受けてすぐは良かったのですが・・・」



先日お会いしたアロマセラピストの方。

アロマの予約をされたお客様が来られると、
はじめにお話を伺うそうです。

そのやり取りの際に、
メンタルな話も出ることが多い。

そこでしっかりと対応するために、
カウンセリングを勉強されているとのこと。


そしてカウンセリングを勉強し、
その直後は「良かった」となる。



しかし、



すぐに次のような疑問が浮かぶというのです。


「じゃあ、勉強したことを、どう生かせばいいの?」



つまり、学習した内容を実践にどう生かすか

お客さんへの対応に活かす具体的な方法が
わからないのだそうです。



この場合、必要なのは実践的な学習。

実際の場面を題材に取り組めるような
実践的な学習が必要です。



例えば、ロールプレイ。


もちろん作り話ではなく、本当の話を題材に、
ロールプレイを行います。

それを録音して、再生時に細かくチェック。



これこそ、実践的な学習法の一つ。


なぜなら「記憶ではなく記録で振り返る」ため、
聞き手の聴き方のクセなどが
全てチェックできるからです。


今日のポイント。


「何を知っているかではなく、
何を実際にやっているかをチェック」



これが実践的な学習ですね。




追伸:
8月にロールプレイ演習を
急きょ開催することにしました。


詳細は改めて。







2011/07/12 (Tue) 22:09
「あの講座」をシリーズ化?


こんにちは、鈴木です。


体験学習会と臨床カウンセラー養成コース。
この二つのカリキュラムを、見直しています。

より実践的に、より学習しやすく、
より魅力的なものにできれば・・
と思っています。


今、考えているのは、学習会の中で、
最も反響と要望のあった、
このプログラムのシリーズ化です。





ロールプレイ学習



ロールプレイを録音し、
再生時に一言一句チェックしていく。


コミュニケーション力がつきますし、
自分の内面をと向き合うことができます。

結果としてカウンセリングのスキルが
しっかりと身についていきます。



この「ロールプレイ学習」を
継続的に学べる講座を準備中です。


お楽しみに!



2011/07/09 (Sat) 02:56
失敗を力に変えるこの方法

こんにちは、鈴木です。


カウンセリングをしていて、どうも上手く出来なかったなあ…
と思うことがあります。

そんな時は、その面接の録音を聴き返すと、大抵問題点が見つかります。


一言でいうと、そんな時は「正確に聞く」というところでつまづいている箇所を発見できます。



カウンセリングでは、一箇所でもそういう所があると、
そこから後の面接が全部狂ってきてしまうのです。

だから、カウンセリングの腕を上げるには、
記憶に頼るのではなく、このように録音など、
記録による検証が最も有効です。







2011/07/04 (Mon) 22:53
明日で学習会を終了します


こんにちは、鈴木です。


昨年の秋から続けて参りました
体験学習会を、明日で終了いたします。


私自身、内容の精査、
再検討の必要性を感じたためです。


これまで学習会にご参加下さった皆様、
誠にありがとうございました。



ひたすら実践の追及をめざし、
真の「心のケア」を大切に考えて、
ここまで続けることができました。


これもご参加下さった皆様のおかげです。


「養成コース」も、これをもちまして、
募集を終了とさせて頂きます





・・・・ということで、





明日は万感の思いで臨みたいと思います。


明日の参加者のみなさん、
どうぞよろしくお願い致します。







2011/07/03 (Sun) 10:02
極めて効果的な3つの学習法


こんにちは、鈴木です。



あなたは、何のために
「カウンセリング」を学びたいですか?



・カウンセリングの技術を高めるため?

・会話によって、より良い人間関係を築くため?

・特定の相手との関係を良くするため?

・自分自身を見つめなおすため?

・自分の気持ちを安定させるため?

・今抱えている問題解決のヒントを得るため?




他にもいろいろあろうかと思います。


ということは、これらの目的を果たせる
学習が必要だということになりますね。


こうした目的を果たすためには
受講することによって「変化」が出てくること。

自分自身が変わっていく、成長していくような
「カウンセリングの学習の仕方」が必要です。


自己変革、自己成長に
最も有益なカウンセリングの学習方法は
次の3つの方法です。


1)カウンセリングを受ける

これも学習の一つです。

自分自身を深く見つめなおし、自己を知るには
カウンセリングを受けるのが一番おすすめです。


2)エンカウンターグループに参加する

グループ学習の中でも、
最も深い体験のできる学習方法です。

上記の「カウンセリングを受ける」と共に、
カウンセラーの主要な訓練プログラムです。


3)ロールプレイで自己チェック

自分がロールプレイの聞き役になり、
実際の自分のコミュニケーションのあり様を
直接チェックする
ことができます。

心理学の知識を詰め込んだり、
人のやっているのを外から批評したりするより、
はるかに大きな効果が期待できます。


7月5日(火)の学習会
ロールプレイを録音し、詳細にチェックする学習会です。

自己変革や自己成長にとって
最も有効な自己チェックが可能です。


>>詳細はこちら









2011/07/02 (Sat) 14:35
7月5日体験学習会は「ロールプレイ学習」


こんにちは、鈴木です。



前回の学習会「グループカウンセリング」の
感想はこちら



カウンセリングの学習を続けていくと、
やがてある疑問にぶつかります。


その疑問とは次のことです。


カウンセリングの学習を通して、
その理論や方法論は学んできた。

でも、

実際に学んだことを、
現実にどう生かせばいいのだろう?



もっというと、

自分は実際にどういうコミュニケーションの取り方をしていて、
どこに問題があり、どう修正すればいいのだろう?



こういった疑問ですね。


実はこれを一挙に解決できるのが
「ロールプレイ演習」なんです。


しかも「このロールプレイ演習」
きちんとしたやり方があります。


1)ロールプレイを行う(時間を区切る)

2)それを録音しておく

3)その録音を再生し、細かく、丹念に検証する



この方法を用いれば、
自分の会話の"クセ""修正点"
これ以上ないくらいに明確になります。


つまり、カウンセリングの腕や
コミュニケーションのスキルを上げるには
極めて有効な練習法なのです。


7月の体験学習会は、ロールプレイ演習です。

【臨床カウンセラー養成コース】

●体験勉強会:限定8名

日時:7月5日(火) 13:30~16:30 
場所:明治神宮前(原宿)
受講費:5000円
(2回目以降は3000円/養成コース受講者1000円)
※当日現金でのお支払
(お釣の無いようにして頂けると助かります。)

時間:3時間

内容:ロールプレイ演習
※終了後、喫茶店などで懇親会を予定(別途実費)



手紙お申し込みはこちら
・件名
「7月体験学習会申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)
・ブログURL をご記入の上、送信ください。

ブログのメッセージからも受け付けています。







| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。