最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/26 (Mon) 06:37
実はあなたが主役でした



「自分をいかに責めないか」


悩む人の多くは自分を自分で責めています。

人と自分を比較して、自分は劣っていると責めます。

過去に犯した失敗を思い出し、そんな失敗をする自分はだめな人間だと責めます。

こんな自分を人は、だめな人間だと否定的に見るのではないか。そう見られる自分はやっぱりだめな人間だと責めます。

そしてこんなことばかり考えている自分はどうしようもない人間だと改めて責めます。

これは全てクライエントが実際に私に話してくれた内容です。

だいたい共通してこのように証言してくれます。

自分を責める悪循環、ネガティブスパイラルにはまっているといえます。

このネガティブスパイラル、脱出できるのは、あなた自身にしかできないことです。

自分を責めるのか。それとも自分をもっと大事にするのか。

自分を嫌うのか。それとも自分をもっと好きになるのか。

どちらを選ぶかはあなた次第というわけです。

肯定的な歩みにせよ、否定的な歩みにせよ、人生の主役はあなたであるということですね。

だから悩みを解決する、肯定的な選択をするのもあなた自身。
あなたの悩み別 無料心理テスト&診断の入口はこちらです

カウンセリングで相談を受ける悩み第一位は?


様々な悩みや問題解決、自信をつける方法について読むことのできるプロのカウンセラーの公式PCサイトはこちらで、公式ケータイサイトはこちらです。
スポンサーサイト

2009/10/21 (Wed) 18:48
カウンセリングの進め方は?

カウンセリングは最初のうちは気持ちが楽になるという経験をします。

それはクライエントがこれまで自分が悩み苦しんできたことを話し、それをカウンセラーにじっくりと聞いてもらい、共感してもらえたという経験によって、精神的に少し解放された感じがするわけです。

専門用語ではこれをカタルシス効果と呼びます。

ところが、面接も回を重ねると様子が変わってきます。

言葉も少なくなり、沈黙も生まれます。

やがてクライエントは自ずと自分の内面に焦点をあてる方向に動いていきます。

そうなると自分ではこれまでしっかりと触れてこなかったこと、ふれられずにいたことに対して向き合うことになります。

この段階はカウンセリングが段々苦しいものになっていく場合があります。

そこをカウンセラーは上手に、無理なく一歩一歩自己洞察が行われうように対応します。

そして洞察が進み、面接が深まっていくと、やがてその苦しみを越え、新たな気づきや学びを得ます。

クライエントが人間的に成長していく瞬間です。

人は人と心の交流を通して自分を知り、人間的に成長していける。

カウンセリングはその一つの究極の場面であるといってもいいと思います。

そしてそこにはいつも、その人の苦悩や困難が伴っているものです。

今の苦痛や苦しみ、困難は自分にとってどんな意味があるのか?

それを自分なりにたどっていく時間でもあるのです。

カウンセリングで相談を受ける悩み第一位は?

あなたの悩み別 無料心理テスト&診断入口はこちら

様々な悩みや問題解決、自信をつける方法について読むことのできるプロのカウンセラーの公式PCサイトはこちらで、公式ケータイサイトはこちらです。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。