最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/23 (Mon) 20:38
カウンセリングと面接時間

心理カウンセラーの鈴木雅幸です。




今日は珍しく(カウンセラーらしく?)カウンセリングの話をします。カウンセリングでは時間厳守ということを徹底します。




例えば面接時間を5060分と決め、時間が来たらできるだけそこで面接を終えます。




これはことによると事務的だ、冷たいと捉える人もいるかも知れません。ところがこれはカウンセリングを行う上で実に重要なことなのです。




先ず、ロジャーズや心理臨床の先人たちが試行錯誤の末、面接時間が最も効果的なのは、5060分で、面接と面接の間隔は1週間であると結論づけています。




ですから私はこの教えを忠実に守ります。面接の間隔はクライエントの事情や都合により話し合いで決まりますが、一回の面接時間は同じです。




それは誰よりも面接を効果的なものにしたいという強い思いと、自分自身の経験的な検証の結果からです。




そして最初の面接で私がこの姿勢をしっかりともって臨むと、ほとんどのクライエントの方は(全てといってもいいと思いますが)2回目以降の面接では、逆にクライエントの方がご自分から時間になると話を切り上げるようになるのです。中にはクライエントの方ご自身から「あっ、そろそろ時間になりますね」と仰る方もいます。




またこちらが「時間になりましたので」と申し上げると、大抵「はい」となって面接は終了します。




こういう関係を築くことはカウンセリングを成功させるために極めて大事なことです。




そしてまた私はスクールカウンセリングでも基本的には時間を厳守します。




先生方とその場で打ち合わせに入る時でも、「では430分まで」とこちらから時間を指定させて頂きます。




また、勤務終了の時間になると、基本的には「お先に失礼します」と言って、まだ仕事中の先生方より先にパッと帰ります。




はっきりいって、時間内にしっかりと仕事をしていれば、定時に帰って不評を買うことなどありません。




むしろ時間に厳しく動いているのだということが伝わり、やはり先生方の方から時間を気にしながら動いてくださるので、却って話し合いも集中して締まった内容になるのです。




最も大切なことは、こうした姿勢を首尾一貫させることと、首尾一貫していることが伝わることです。




もちろん例外的に時間を過ぎることはありますが、あくまでも基本線をしっかりと自分の内に据えておくことが大事だという話です。




カウンセリングの話に戻りますが、やはり時間をきっちり守りながら5060分で継続していく方が結果が良いのです。




お互い真剣に臨む場なのだという共通認識を持てることで、面接もより引き締まったものに、適度な緊張感を伴った集中できるものになるようです。




ちなみに私の面談カウンセリング、詳しくはこちらです。

PC

ケータイ用




時間を守るということは、その人の生活を引き締まったものにし、一つ一つの行動が折り目正しく、集中して行えるので、充実感も余計に味わえるようになります。




そこは譲れないというものを一つもつことは、自分の中にブレのない安定感や軸をもつことにつながりますね。














































スポンサーサイト

2009/02/23 (Mon) 20:34
自信養成は自分で行う時代に

モチベーションを高める、動機づけを行う。

動機づけというのは、自分で行うものだと思った方が良いと思います。

自分の動機づけを人に頼るとろくなことがありません。

子どもは自分自身の動機づけを周囲の大人が補助的に行うことで大きな成長を遂げることもあります。

しかし大人になったら、せめて18を過ぎたあたりからは自分のモチベーションは自分であげる努力と工夫が必要になってきます。

自分で自分を称賛する。

自分で自分を評価する。

自分で自分をやる気にさせる。

自分で自分に自信をもつ。

自分で自分を好きになる。

モチベーションのアップ、やる気の醸成、動機づけは自分で行う。

特に大不況時代に入った昨今は、人は自分のことで精いっぱい。

なかなかあなたの面倒を見てくれなくなるでしょう。

今は誰かがあなたの支えにはなりますが、誰かに支えて欲しいと思う時代ではありません。

だからこそこれからの時代は自分で自分を動機づけ、自分で自分を評価し、自分でやる気を醸成し、自分で自分に自信をつける方法を数多く獲得し、習慣化していくことがいよいよ大切になってきます。

そこで、
WEBページの続きはこちらで
ケータイページの続きはこちらで

2009/02/11 (Wed) 11:36
悩み相談・心理カウンセリングQ&A-2

Q2.カウンセリングと相談と、一体どこがどう違うのですか?


相談というのは、相談に来た人に対して、情報や知識を教える、アドバイスをすることです。


例えば、弁護士は法律についての知識や情報を提供し、税理士は税金・税務(財務)についての知識・情報と、それに基ずくアドバイスをします。


そして、相談というのは、具体的な答えがその場でもらえるので、即効性があります。


一方カウンセリングは、クライエントが問題を自分の力で解決するために、カウンセラーは基本的には傾聴と共感的理解に努めます。


クライエントが自由に自分の意思表示をし、自分が思っていること、考えていること、感じていることをカウンセラーに伝えるといった援助的な人間関係(コミュニケーション)によって、クライエントが自ら気づきや洞察を得て、行動の変容を図るものです。


カウンセリングでは、相談と違って、クライエントが自らの意志と力で、自分の問題を解決できるように援助します。ですので、助言や知識の提供は極力しません。


なぜかというと、助言(アドバイス)だけでなく、説明や説得、激励というものは、クライエントが自らの力で問題解決を図ろうとする場合には、援助になるどころか、かえって邪魔になる場合が少なくないからです。


そういった意味では、クライエントは、具体的なアドバイスをもらっても、どうして良いのかわからない。


カウンセラーも、どうして良いのかわからない。そういうところからスタートするのが、カウンセリングと言えるかも知れません。


ですから、「あなたはこうなさったらどうですか?」とか、「こうした方がよいですよ」と言われて、問題を解決できるのであれば、相談を受けた方が良いでしょう。


しかしながら、アドバイスを受けても、説明や説得、激励をしてもらっても問題を解決できない場合、つまり「それは頭では(理屈では)よくわかっているのだけれど、いざ実行しようと思うとどうしてもうまくいかないし、実行しようという気持ちも起きない」といった厄介な心理的な問題、精神的な問題の場合には、やはり、カウンセリングでじっくり時間をかけて解決を図ることをお勧めします。


追記:


問題に直面すると、私たちはつい「どうすればいいのか?」と、答えを他人に求めたり、委ねたりしてしまいがちですが、それで得た答えは、結局何も役立たないことがほとんどです。


やはり、成功したカウンセリングを振り返ると、クライエント自身が自分の力で暗中模索しながら、自ら答えを求めていった時です。


ですが、そうした道のりは、なかなか一人だけでは辿れないことが多く、カウンセラーはその歩みに同行していく役割を担います。


専門のカウンセラーに相談するには・・・・

PCの方はこちら
ケータイの方はこちら


2009/02/09 (Mon) 17:40
悩み相談・心理カウンセリングQ&A-1

Q1.面談カウンセリングって結局なにをするんですか?


カウンセラーとの面接(50~60分)を通して、自分自身を見つめ直し、カウンセラーと一緒になって、問題を解決するために自由な話し合いや対話を重ねていく場です。


クライエントであるあなたと、カウンセラーが一緒に取り組んで、初めて結果につながります。


ですので、自分の問題を自分の力で解決していきたいという姿勢をもたれている方のほうが、カウンセリングは上手くいきます。


追記:-1


カウンセリングでは、クライエントであるアナタに自分の話したいことを自由に話して頂きます。


話す内容に、特に決まりもありません。思いつくままに話される方、話す内容をノートに整理してきて、そのノーを見ながら話される方。自分の話したいことが思うように言葉にならず、それでも一生懸命お話しして下さる方、ずっと黙って座っておられる方など、面接の様子は様々です。


追記-2:


カウンセリングが上手くいくかどうかのポイントとなるのは、次の三つです。


1)クライエントが本気であること(どんなに辛くても問題を克服したいという思いを捨てない)


2)クライエントに防衛がないこと(都合の悪いこと、見たくないことでも、正面から直視する)


3)カウンセラーとの信頼関係(これはカウンセラーとクライエントの双方に依存します)



専門のカウンセラーに相談するには・・・・

PCの方はこちら
ケータイの方はこちら


2009/02/04 (Wed) 18:24
心理カウンセリングとは?

心理カウンセリング


そもそも一般の方々は心理カウンセリングというとどういうイメージをもたれるものでしょうか?


世の中にはいろいろなカウンセリングという言葉がありますが、そもそもカウンセリングという言葉が使われだしたのは心理カウンセリングが最初なのではないかと思います。


カウンセリングという言葉でいえば、たとえばキャリアカウンセリングだとか、美容やメイクなどのカウンセリングだと響きが違うのかも知れませんが、心理カウンセリングとなると、やはり独特の印象を与えるのかも知れません。


心理カウンセリングを勉強したり、実際に心理カウンセリングを受けた方は体験に基づいたイメージや概念を持つことができるでしょうが、そうした経験もなく、それほど興味もない人にとっては、やはり一種独特というか、心理カウンセリングという言葉に特別な印象を持つのではないでしょうか。


心理カウンセリングといっても、なにか特別なことをするということはあまりなく、基本的には二人の人間があるテーマを元にじっくりと対話を重ねていくものです。


一回50~60分、週一回を基本形として、クライエント(相談に訪れる人)とカウンセラーが膝を突き合わせて落ち着いた雰囲気の中でじっくりと話し合っていくのが、心理カウンセリングの基本だといえます。


そこに様々な要素が織りなされるわけですが、心理カウンセリングは基本的には人間関係が織りなされる時間と場所の一つに過ぎません。


ただ、心理カウンセリングはその人間関係において行われる心の交流を通して、心理的援助を行おうというものです。


自分の人生を真剣に生きたいという人間が、それにまつわる様々な思いを語る場であり、そうした思いに対する一人の理解者として全力を尽くす人間と共に血の通った会話やコミュニケーションを経験場でもある。


それが心理カウンセリングだといっていいと思います。


専門のカウンセラーに相談するには・・・・

PCの方はこちら
ケータイの方はこちら


2009/02/04 (Wed) 09:58
逆境・困難・挫折から前向きに生きる方法

大企業の業績が大幅に下方修正され巨額の赤字や大規模リストラが立て続けに発表されています。

こうしたニュースにふれ、私たちが考えたり話したりすることは、どうしてもネガティブな思考や感情を生みやすくなります。

明るい話をしているときは、私たちの脳は前向きですが、暗い話をしている時や厳しい将来をイメージしている時は、私たちの脳は後ろ向きの状態です。

これだけ危機的状況を伝える情報ばかりがクローズアップされてしまうと、私たちの精神状態はどうしても警戒モードに入ります。

人間は警戒モードに入っている時は脳が不快の状態で、心理的にはネガティブな、マイナス思考、マイナス感情の状態になっています。

こういう時こそ意識的に自分自身のモチベーションを上げたり、前向きな思考を心がけたり、明るい未来を創造することを考えたいものです。

このようなニーズからなのか、最近7日間集中講座が好評です。

特に次の4つの講座が人気です。

逆境に打たれ強い人間になるための7つのルールとは?
PC版はこちら
ケータイ版はこちら

復活力!挫折・自己嫌悪からスピード回復する7つの復活術とは?
PCからはこちら
ケータイはこちら

困難を克服するために必要な7つの力とは?
PC版はこちら
ケータイ版はこちら

集団会話力養成講座!カウンセラーの7つの会話術とは?
PCの方はこちら
ケータイの方はこちら

今のニーズに即した講座内容なのかもしれません。

最後の「集団会話力」も密かに受講者が増えています。

7日間という受講期間の短さや、メールによる講義配信なのでケータイでも受講でき、持ち歩いていつでもその講義が読み返せるというのも人気の秘密かもしれません。

特に落ち込んだり不安になった時にサッとケータイを取り出し、講義を読むだけで、大事なことを思い出したり気持ちが前向きになるという方もいらっしゃるようです。

こんな時代だからこそ、マイナス報道に負けない自分でありたい・・・そこで、こんな時代に自分を力強く保つために一番大切なことは次のことです。
WEBページの続きはこちらで
ケータイページの続きはこちらで


          

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。