最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/25 (Wed) 19:03
自己洞察を生むカウンセリングとは?

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



【自己洞察】

カウンセリングで大切なことの一つ。

それは、クライエントが自分と向き合うことです。

クライエントが自分と向き合うためには、
どのような流れが必要でしょうか?


よく犯しやすい間違い。

それは、カウンセラーがクライエントの
問題解決に躍起になる場合です。

そのために、クライエントの訴えの中で、
問題だと思われる個所にだけ反応する。

そういう聞き方、応じ方に終始してしまうことです。


なぜこれが失敗するかというと、クライエントの相談内容は、
そう簡単に解決できるものではないからです。

また、問題に対して解決法のような知識・情報を
与えれば解決されるという発想。

この発想も、実際にはほとんと通用しないのです。


カウンセリングで重要なのは、クライエントの自己洞察です。

まだ気づいていない自分の感情、
物事の捉え方などに気づくこと。

こうした自己洞察が会話の自然な流れの中で起きるような面接。

これこそが、複雑で難解な問題に対して、クライエント自らが
一つの選択肢を以て取り組む援助につながるのです。


では、どうやったら、そのような自己洞察が
自然に起きる流れを生み出せるのでしょうか?

このような自己洞察が自然に生まれる流れを起こせる力が、
カウンセリングには不可欠です。


7月10日(木)の「オープンセミナー」のテーマは、
「カウンセリングと自己洞察」です。

小手先の方法ではなく、問題の根本解決につながる
「自己洞察」を生む流れ。

カウンセリングの成否を分ける重要なテーマであり、
カウンセラーの実力が問われるテーマ。

今回、初めて体系的にお伝えしていくつもりです。

追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










スポンサーサイト

2014/05/23 (Fri) 10:21
話を聞く態度が大切

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「聞いてもらうだけで違う」


カウンセリングに関して、よく出てくる感想です。

例えば、こんな風な場面を想像してみてください。

自分が誰かに話を聞いてもらいたいと思ったとき。

壁や柱に向かって自分が話したいことを話してみる。

果たして、それで自分の気持ちが軽くなったり、
何か変化が起きるでしょうか?


あるいは、ペットに話しかけてみる。

そういうところを想像してみてください。

もしくは、実際にやってみてもいいでしょう。


「犬は黙って話を聞いてくれるからいい」


こんな風に言った人がいました。

おそらくこの人は、自分の話をしたときに、
傷つくようなこと、無理解なことを言われたのかもしれません。

余計なことを言われるくらいなら、
黙って話を聞いてもらったほうがましだ。

そんな思いになったのかもしれません。


さて、壁や柱、そしてペットに話を聞いてもらったとします。

余計なことは言われないかもしれませんが、
何かこう、物足りない感じ、虚しい感じがするのではないでしょうか?

それは、壁や柱、そしてペットには、
明確なリアクション(反応)がないからです。

余計なことを言われるのでは、ノーリアクションのほうがまし。

でも「心ある反応」をしてもらったほうが、
やっぱり話して良かったという気持ちになるのではないでしょうか?


では、私たちはなぜ、誰かに話を聞いてほしいという気持ちになるのでしょうか?

それは、相手のリアクション(反応)によって、
"何か"が確かめられるからなんですね。


相手のリアクション(反応)によって、
自分は間違っていないんだとか、自分はこんな状態に陥っていたんだとか・・・

こうしたことを確認できるんですね。


これは一人ではなかなかできないことです。

相手のリアクション(反応)があって、はじめて成り立つこと。

だから話を聞いてほしいと思うわけです。


ただしこのリアクション(反応)には条件があります。

あくまでも「心ある」リアクション(反応)に限るということ。

心ある相手のリアクション(反応)だからこそ、
こちらの心にスッと染み込んでくるわけです。


心あるというのは「理解ある」と言い換えてもいいでしょうね。

理解あるリアクション(反応)、理解ある聞き方。

だからこそ、こちらは素直にそのリアクション(反応)を受け容れる。

この関係性は、まさにカウンセリング関係そのものなんですね。


カウンセラーはクライエントに対して「心ある」「理解ある」
そして「あたたかい」リアクション(反応)を見せる。

そのリアクション(反応)によって、クライエントは自分を見つめ直す。

カウンセリングはそうしたやり取りを織りなしていくものなんです。


あくまでも「心ある」「理解ある」態度だからこそ、
その反応に心動かされ、変化を経験できるわけです。

ですから、カウンセリングを学ぶときは、
どうしたら「心ある」「理解ある」態度でいられるか?

そのことを探究していってほしいなと思います。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










2014/02/14 (Fri) 09:22
傾聴の深さを学ぶ

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「傾聴の深さに驚きました」


昨日は第40回のオープンセミナーを実施しました。

定員8名のところ、一人オーバーの9名での開催。

寒い中でしたが、お集まりいただきました。


冒頭の言葉は、初参加の女性が思わず漏らした感想です。

カウンセリングの勉強は特にしていない方ですが、授業を受けて感じたようでした。


実は、養成塾の授業を受けて一番多く聞かれる感想が、この「深さ」についてなのです。


昨日行ったのは「傾聴トレーニング」です。

授業のやり方は、ロールプレイを実施して、その録音を振り返るというもの。

クライエントの話す内容、その一言一言について、厳密に検討していきます。


そこで見えてくるものは、人間はたった一言にしっかりと反応が起きるということ。

あるいは、その一言にその人の思いが込められているということ。

つまり、一言たりとも疎かにはできないということです。


ところが、実際問題として、その一言が聞けないわけです。

話した内容を再生して聞いてみる。

すると、クライエントはちゃんとある事柄を訴えている。


それを聞く側がしっかりと聞けていないわけです。

ここで、こういう風に言っているけども、聞き手は違う取り方をしている。

あるいは、違うことを連想して、その言葉が入っていない。


同じ話を皆聞いているわけですが、聞けている人と聞けていない人に分かれます。

こうした厳密なチェックは録音などの記録によって、初めて検証が可能になります。


昨日はロールプレイを2回実施しました。

2回とも聞く側にとっては、なかなか苦労する展開ではありました。

しかし、実際のカウンセリングでは、普通に見られる展開です。

しっかりと聞くことができれば、これまたしっかりと対応できるものでした。


2回のロープレで共通して見てとれたテーマは、心が伴っているかどうかということでした。

応答に心が伴っているか?それとも機械的に言葉を返しているように聞こえるか?

今回は、どうしたら心のこもった応答になるかについても、細かく解説させて頂きました。


同じ話を聞いていても、その理解度に違いが出てくるということ。

同じ話を聞いているのに、ある人は1つのことしかわからない。

でもある人は5つのことまで理解ができる。

どちらが深く理解できているかは、自ずと答えが出るところです。


もちろんこれは、聞く側の独りよがりではなりません。

あくまでも、クライエントの言いたかったこと「そのもの」でなければ意味がありません。

聞く力があれば、クライエントから絶大な信頼を得、さらにはその心を揺り動かすこともできます。

養成塾では、そうした「聞き方」に徹底的にこだわった授業をしています。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/04 (Tue) 18:16
カウンセリングと言葉

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。




「力量は言葉の選び方に現われる」



カウンセリングでは、言葉が命です。

特にカウンセラーが使う言葉は生命線です。



カウンセラーがどんな言葉を選ぶのか。

どんな表現を選択して伝えるのか。


ここにカウンセラーの力量が現われます。


"生きた表現"は面接を深めます。

"無機質な表現"や"深みのない言葉"は面接を"表面的なもの"にします。


カウンセラーのたった一言が、カウンセリングの流れを決めてしまいます。


確かな流れにつながる生きた応答をするためには、クライエントの言葉への深い理解が必要です。

クライエントの言葉をしっかり聞けるからこそ、そこに深い理解が生じます。


つまり、どうやったら深く理解ができるのか?

どのような言葉を選択すれば"生きた応答"になるのか?


やぱりここを徹底して磨くことで深い面接が出来るようになります。


だからこそ、クライエントに変化が生まれます。


「何を言えば良いかがわからないから、とりあえず何か言葉を発する。」


こういうレベルでは面接は深まらず、表面的なところを堂々巡りします。

雑談や世間話、愚痴など、同じ話に終始する面接がそれです。

カウンセラーの確かな一言が堂々巡りからクライエントの深い自己洞察を導きだします。


ということは、カウンセラーの発する言葉には、一言一言に根拠がなければなりません。


「あの一球の根拠はなんだ?」


かつてヤクルトの監督時代、野村監督は古田捕手にそう問いました。

古田捕手がピッチャーに要求した配球についてです。


野村氏のこの問いに対して、古田捕手は、全て完璧に答えられたといいます。


カウンセリングも同じです。


カウンセラーのこの応答の根拠はなにか?

なぜこの言葉をカウンセラーは、この場面で選択したのか?


この問いにカウンセラーが答えられるようになれば、自ずと深い面接が生まれるといえるでしょう。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/01/15 (Wed) 17:44
時間が命のカウンセリング

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「生きた時間を割り出せ!」


カウンセリングの面接時間は、実はとても重要です。

この重要性を深く認識している人は少ないようです。

心理的な面接を成功させるには、時間という枠組みが極めて重要。


一言でいうと「時間を厳格に守る」ということですね。


先人たちの長い歴史的な検証の積み重ねによって、
カウンセリングの面接時間は1時間まで。

それも、延長などは基本的にNG。

これがカウンセリング面接の原則なんですね。


そして時間を延長してしまうことが、どんなリスクを招くか。

延長すると、失敗の確率が上がるということがあります。

場合によっては危険なことも起きます。


この重大さをしっかりと認識してカウンセリングをして頂きたいです。


更に、私の場合は面接時間を1時間ではなく、50分としています。

なぜ、1時間よりも短い50分なのか?

理由はシンプルで、それが最も成果が上がったからです。


私も過去に、60分や90分という面接時間も検証してみました。

実際に検証してみた結果、50分が最も成果の上がる時間でした。

この50分が最も集中が持続し、そして深まる時間でした。


50分なんて短いのでは?と思った人。

それは、カウンセリングという心理面接の意味を理解していない人です。

あるいは、深い心理面接を経験したことのない人ですね。


10年ほど、4000回以上の面接を検証した結果、
この50分という時間が最も効果が高いという結論に至っています。

ちなみに、私は過去に50分の面接の研究に、
数時間から十数時間をかけたこともあります。


現在も養成塾では、一回の面接の検討に、6~8時間は普通にかけます。

また、5分のロールプレイの振り返りに、2~3時間ほどかけることもあります。


授業でこうした検討を体験した人は驚きます。

会話のやり取りをここまで緻密に体験した人はいないからです。

しかし、そこまで徹底して掘り下げ、解析していけば、
コミュニケーションのスキルは格段にレベルアップできます。

養成塾に通って頂いている塾生の皆さんには、
クライエントから深い信頼を得る面接法をマスターして頂きたいと思います。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。