最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/07 (Sat) 10:53
患者・人の心にふれるということ

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「人の心にふれるには」


学校でも社会でも、人間関係は希薄になってきています。

特に、人の心にふれるということが出来なくなってきています。


例えば、ある入院患者は、入院当初、精神的に不安定でした。

混乱し、入院を受け入れられず、家族が帰ろうとすると、
いろいろなことを言って困らせる状態でした。

その時、ある看護師が来て、患者の手を取り、
温かく、寄り添うような感じをもちながら、患者の訴えを聞きました。

いくつかのやり取りの後、看護師はこう言いました。


「ご家族が一度に皆、帰られてしまうと、
どうしても寂しくなってしまうんですね」


するとその患者は「そうだ、寂しくなっちゃうんだ」と言ったのです。

そのやり取りに呼応するかのように、患者は落ち着いていきました。


このシチュエーションで患者から「寂しい」という言葉が出ること。

これだけでも、周囲は困惑してしまうかもしれません。

それは家族だけでなく、看護側にとっても同様です。


寂しいという言葉を患者に言わせてしまったら、
さらに混乱を助長し、不安定な精神状態に追い込むかもしれない。

そんな漠然とした恐れや不安を抱いてしまうのでしょう。


しかし、この「寂しい」という想いを言葉にする。

そして「寂しい」という想いを誰かと分かち合う。

そういうプロセスによって、逆に患者は救われることもあるのです。


なぜなら、寂しいという気持ちを理解してもらえた瞬間、
その人にしてみたら、寂しくはなくなるからです。

寂しいという気持ちを誰かと分かち合えたと感じた瞬間、
少なくとも患者は「孤独」ではなくなるからです。


もちろん、そのやり取りで患者の寂しさが全て解消するはずもありません。

これから、様々な治療のストレス、
入院生活での困難が待っているかもしれません。


しかし、心を通わせるというのは、常に一瞬一瞬のこと。

心の動きも刻一刻と移り変わるものです。

治療の過程や入院生活の中での一つ一つのやり取りに心を通わせる。


そうした一つ一つの温かいやり取りによって、
私たちはどれほど救われる思いがすることでしょう。


その人の寂しさにふれるということは、その人の心にふれるということ。

希薄な人間関係にもう一度、心が通じ合う関係を取り戻すには、
まさにこうした一つ一つのやり取りにかかっていると思うのです。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/06/09 (Sun) 11:17
ターミナルケアとカウンセリング

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「あの時、どう対応すれば良かったのか・・」


昨日も「養成講座:クラス1」の「カウンセリング概論」を実施しました。

受講生は看護師の方で、「概論」の学習ではありますが、
養成講座では独自の学習法を取り入れています。

ですから一つ一つの論述を読み解きながらも、
話は受講生自身の現場経験や日常に及ぶこともしばしば。


これは「養成講座」が個別及び小人数(3人まで)での実施のため、
こうした個別のニーズや意向に沿った丁寧な指導が可能となるからです。

今回も医療、看護の現場で起きる様々なことについて、
具体的な事例に対しての話に及ぶわけです。


あの時の患者さんの一言は、いったいどういう意味だったのか?

あの場面で看護師として発した一言や対応は、適切だといえるのか?


主に精神病棟やターミナルケア(末期医療)の現場の話が中心でした。


入院・治療経験の中で、患者との意志疎通を真剣に振り返る。

多忙でハードな勤務体系の現場では、なかなかそうした時間や余力は
持てずにいる看護師の方も多いと思います。

しかし、実際に現場でぶつかる様々な問題の主たるものとして、
やはり患者とのコミュニケーションや場面別の対応が挙がってきます。


そうしたテーマに対しても、カウンセリングの学習は
とても有益で力となるものであることは間違いありません。

また、私自身も医療の現場で起きていることにふれる機会にもなり、
いろいろ学ぶべき点も多い時間になっています。

もちろんこうした情報のやり取りは、
守秘義務や個人情報の保護を念頭においた上で行っています。


終末期医療での患者一人一人のあり様には、
人間が生きていく上で究極のテーマがあると感じます。

ある看護師の方は、多くの患者の最後を看取ってきた経験から、
こんな言葉でその実感を表現されていました。


「人は最後には、生きたように死んでいくのだと感じました」


人に怒りをぶつけ、荒ぶる精神で生きてきた人間は、
最後の最後まで怒りを医療スタッフや家族にぶつけて死んでいく。

心穏やかに生きてきた人間は、最後の最後まで穏やかに、
そして周囲への感謝を繰り返し伝え続けて、静かに旅立っていく。


まさに「生きたように死んでいく」といった幕引きがなされていく。

我々そこから実に多くの事を深く学ぶことができるのではないでしょうか。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。