最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/05 (Tue) 20:22
人間の成長は小さな変化にある

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



今日は「養成講座」を修了された方限定の勉強会でした。

形式としてはグループカウンセリングのような形になりましたが、
ある塾生のテーマをいろいろな角度から話し合っていきました。

そんな中で、まあ、いろいろ出たのですが、
一つ、養成塾に通って自分がいかに変わったか・・という話も出ました。


何が、どう変わったのか・・・・・


正直、即効性もなければ、目に見えた変化もないとのこと(^^;

しかし、ジワジワと時間をかけて大きな変化をゆっくりと感じるらしい。

これがなかなか説明が難しいとのことです。


この話を聞きながら、私は、河合隼雄氏の話を思い出していました。

話というか、氏の書籍に書かれてあった話です。


それはどんな話かというと、こういうことです。


人間というのは、180度変わる方が、実は簡単だ。

カウンセリングなどを経験すると、確かに変わるし、変化を実感する。

けれども、その変化はたったの5度くらい、ほんとうに小さなもの。


ところが、この小さな変化が実は大きい。

一人の人間が、たったの5度変わるということが、とても大変なことだったりする。


河合氏の話の趣旨は、このようなものでした。

実際、私もカウンセリングでたくさんの人たちを見てきて、
この「たった5度の変化」に数多く遭遇してきました。

その経験から、そのたった5度の重さ、大切さを身に沁みて実感しています。


「劇的な」とか「すぐに」「目に見えて」という変化は、
ある意味もろ刃の剣というか、同時に危うさを兼ね備えているものです。

すぐに変わったものは、すぐに戻ってしまう。

そういうリスクというか、それが真実であったりもします。


そうではなくて、ゆっくりと時間をかけて小さな変化が起きる。

こんな変化にそんなに時間をかけて・・・という話です。


でも、人間が本当の意味で成長するということは、
本来はそういうものかもしれません。

それは雑草が気の遠くなるような時間をかけて、
アスファルトをジワリと突き破るが如くです。

そうした変化は確かな変化であり、「定着性」が出てきます。


気の遠くなるような時間をかけて、小さな変化が起きる。

でも、そうした変化は一旦起きると、長きにわたり定着する。

人が何かを身につけ、成長していくとは、そういうことかもしれません。


ちなみに、養成塾の塾生たちは、養成塾に通うのが、
時として辛く感じることがあるそうです。

それは、自分が何をどう「出来ないのか」を確認されるからとか。


しかし、それは生みの苦しみのようなもので、
やがて自分の内面に小さな変化を見つけることができる。

その喜びが養成塾に通い続けるモチベーションなのだそうです。


ただ、そういう話をすると、

「お金払ってまでして、なんでそんな思いをする所へわざわざ通うの?」

と言われてしまうのだとか(笑)


人はあるものを図りにかけ、重みを感じた方を選択するのでしょう。

自分にとって大切であり、必要だと思えるものは、人によって違います。

「たった5度の変化」に何かを感じた人が、養成塾には集まってくるようですね。







追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒オンライン講座」無料お試し受講ができます。
>>試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/03/19 (Tue) 11:17
答えのない旅路

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



「道なき道への旅立ち」


先ずはメール、そして電話からです。

何がかというと、クライエントとの最初のコンタクトがです。


カウンセリングの申し込みは、HPからなのですが、
申込みフォーム記入から(メール)と、
電話での予約によって行って頂いています。

その時、詳しい相談内容などは、敢えて訊かないようにしています。

先入観をもたず、真っさらな状態でお会いするためです。


予約当日には、遅くとも30分前には相談室に入ります。

そこで、精神統一を行い、リラックスして来談を待ちます。

チャイムが鳴り、出迎えをし、相談室に案内をします。


そこから「相談依頼書」というフォーマットにご記入を頂き、
カウンセリングの面接がはじまります。

その時、私はクライエントのことを何も知りません。


名前などの情報は「相談依頼書」に記入して頂くのでわかりますが、
クライエントがどういう人で、どんな問題にぶつかっているのか。

そういうことについては何も知りません。

つまりいきなり、その場でクライエントの相談内容を聞くことになります。


告げられる問題は、どれも困難を極めるものばかりです。

それもそのはず、大の大人がいろいろ考えたり
いろんな人に相談しても解決をみない、埒があかない。

そういう経緯でカウンセリングにお越しになるのです。


だからクライエントもどうしたらいいかわからない。

カウンセラーである私もどうしたらいいかわからない。

カウンセリングのスタートはいつもそういうスタートなのです。


感覚としては、道なき道への旅路を歩む感じです。

答えのない道をひたすら二人で歩きます。


もう一度書きますが、大の大人が「四面楚歌」のような状態で
予約を入れて来談されるわけです。

こちらがどれほどカウンセリングの経験があっても、
そう簡単に解決策や答えなど伝えられないんです。

でも、カウンセラーとして確信していることが二つあります。


先ずは、必ず答えは見つかるということ。

解決策は必ず存在し、その解決策にきっと導かれていくということです。


もう一つは、目の前のクライエントは
必ず解決策を発見し、それを実践して困難を乗り越えるということ。


この二つの確信と信頼を頼りに、カウンセリングに臨みます。


追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。