最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/06 (Thu) 12:17
沈黙を怖れすカウンセラー、活かすカウンセラー

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「沈黙を怖れない」


経験の浅いカウンセラーが最初に直面する課題があります。

それは「沈黙への対応」です。

ロジャーズはカウンセリングでの沈黙の場面はとても大切だと説いています。

なぜなら、沈黙の後に、クライエントから発せられる内容。

その内容は、洞察が深められたものであるいことが多いからです。

そして沈黙を活かしたカウンセリングは、やはり深まり方が違います。


ところが、経験の浅いカウンセラーは沈黙を怖れます。

また、沈黙の意味と対応について学ぶ機会のなかったカウンセラーも同様です。

彼らは沈黙に戸惑い、困惑し、つい不用意な言葉でその間を埋めようとしたくなります。

そして沈黙に狼狽するこちらの姿に、クライエントから「無能」と見られることへの怖れもあります。


沈黙は怖れるものではなく、生かすものです。


沈黙の意味、種類を見極め、どう対処すればいいのかを的確に判断することが大切です。

そして様々な沈黙に適切に対応できれば、クライエントの洞察を深めます。

また、沈黙に動じず、落ち着いているカウンセラーの態度に、クライエントは安心と信頼を覚えます。


こうした観点からカウンセリングでの沈黙というのは、非常に重要な場面であるといえますね。

沈黙を怖れず、存分に生かすカウンセリングをぜひ実践できるようになってください。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/10/12 (Sat) 16:01
沈黙にどう対処すべきか?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「沈黙によってわかるカウンセラーの力量」


養成塾の授業の中で、「沈黙への対応」が話題になることがあります。

先ほども受講生の方の「逐語」をチェックしていましたが、
そこでも「沈黙への対応」について、話が出ました。


カウンセリングでは、沈黙は一つの大切な場面です。

沈黙をいかに生かしていくかが、カウンセラーの腕の見せどころです。

実力のあるカウンセラーは、この沈黙を十二分に活用していきます。


経験の浅いカウンセラーは、初めのうち、この沈黙に耐えられません。

沈黙が起きると耐えられないので、すぐにその沈黙を埋めようとします。

単に沈黙を埋めようとして何かを言うので、
その言葉は結果的に不用意です。


カウンセラーの発する一言は、たとえそれがどんな場面の
どんな一言であっても、必ず次につながる一言である必要があります。

なぜなら、カウンセラーの発する一言によって、
面接の流れが大きく左右されてしまうからです。

そこまでの会話の流れやクライエントの内面に十分な注意もなく、
単に沈黙を埋めようとする言葉は、やはり不用意になりやすいものです。


カウンセラーの力量を見極めるには、
この沈黙の場面でどんな対応を見せるか?

すぐに動いてしまうのか、じっくりと構えていられるのか。

その態度によってその実力のほどが伺われるといってもいいでしょう。


力のあるカウンセラーほど、沈黙の後におとずれる場面が
カウンセリングの進展につながることが多いことをよく知っています。

だから沈黙に対して落ち着いて待っていることができるわけです。

もっというと、待つべき沈黙か、埋めるべき沈黙かを
しっかりと見極められる力を持っているということですね。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/02/19 (Tue) 21:22
沈黙への対応とカウンセリング

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


経験の浅いカウンセラーは特にですが、
面接での「間」や「沈黙」を避けたいという心理があります。

「間」や「沈黙」を怖れるあまりに、
ついカウンセラーが焦って何かを喋ってしまう。

「間」や「沈黙」がもたず、落ち着かない気持ちになり、
それらを埋めようと意味のない「質問」をしてしまう。


これは実にもったいないことなんですね。

なぜもったいないかというと、「間」や「沈黙」こそ、
カウンセリングの成否を決める重要な場面だからです。


経験もあり力もあるカウンセラーの場合、
この「間」や「沈黙」を生かす術を心得ています。

むしろこれらを積極的に活用していくことで、
より深い洞察や着実な進展を図ろうとします。


別な言い方をすれば、いくらたくさんのカウンセリングをしても
この「間」や「沈黙」に挑戦するという経験をしなければ
面接の回数を経験しても「力」はつきません。


私の経験からいわせて頂くならば、
「間」や「沈黙」の後に、クライエントの洞察が深まったり、
気持の転換や面接の進展が見られる場合がとても多いのです。

ですからこの「間」や「沈黙」を十二分に活用できることは
カウンセリング面接を成果に結びつけるのにとても重要です。


では、どうすればこの「間」や「沈黙」を生かせる
そういう深いカウンセリングが出来るようになるのでしょう?


一つには「間」や「沈黙」が起きるまでのカウンセリングの流れを
しっかりと理解できていることが大切です。

そこまでの会話の流れが理解できているからこそ、
そこで起きる「間」や「沈黙」の意味が理解できるからです。

その意味が理解出来るからこそ、ここは待つべきなのか、
それとも何らかの働きかけが必要なのかも見極められます。


もう一つは実際に沈黙にしっかり対応している場面にふれることです。

経験もあり力もあるカウンセラーの面接の録音を聴いたり、
ロールプレイの模範実演を観ると良いでしょう。

そうして実際にどういう雰囲気で対応しているのか。

どういう間の取り方をしているのか。

それを肌で感じることで対応の感覚を実感できます。


「間」や「沈黙」にいかに対応できるかで、
カウンセリングの成否が分かれるといっていいでしょう。

このあたりもしっかりと研修を受けて、
自分のものとしていきたいところですね。


追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。