最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/22 (Sun) 10:00
傾聴トレーニングを実施

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。


「フォーカスの問題ということ」


昨日は「養成講座」の傾聴トレーニングを実施しました。

トレーニングはロールプレイの徹底検討によって行われます。

今回も、参加者それぞれの課題が浮き彫りになりましたね。


浮き彫りになったのは、今回、フォーカスという問題です。

聞き手が話し手の話のどこにフォーカスしているかということ。

もっというと、どこにフォーカスされてしまうか・・という問題です。


聞き手は話し手の話を聞いているうちに、
どうしても細かい部分に囚われていってしまうのです。

話しの中で出てくるあることばや表現に反応してしまうわけです。


そういう反応が起きると、どうしても話の流れや、
その言葉・表現が出てきた背景などには関心が向かなくなる。

枝葉末節にフォーカスされてしまい、
肝心な部分へのフォーカスが疎かになってしまうわけです。


枝葉末節にフォーカスされてしまう原因はいろいろあります。

聞き手の価値観や経験が影響している場合もあれば、
単に聞く力が未熟だったり、訓練不足だったりという場合もあります。


いずれにしても、どこにフォーカスをしていくかが、
傾聴する上ではとても重要になってきます。


自分が人の話を聞きながら、どこにフォーカスがいっているか。

どういう言葉や表現に、どんな反応が起きるか。

一度、チェックしてみることをおすすめします。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2013/11/04 (Mon) 18:04
看護とカウンセリング研修

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。



今日は先ほどまで「養成講座:クラス1」の
「カウンセリング概論」の授業を実施していました。

先ずはカウンセリングの基本的な理論を学びます。

塾生は看護師の方で、過酷な現場での対応について、
深く学び、生かしていきたいという想いで入塾されました。


現在、養成講座では、看護師の方も何人か学ばれています。

看護師の皆さんは、時間も多忙であり、
現場での労力も相当なもののはずです。

その合間をぬって「養成講座」に通われていることに、
先ずは頭が下がる思いになります。


患者さんとのやり取りに、いかに心を込めるか?

患者さんを一人の人間として心を通わすには、どんな接し方が良いのか?

様々なテーマを決め、この養成塾に学びに来られています。


現場で求められるのは、いかに相手の話をしっかり聞けるか?

それは患者さんに対してだけでなく、同僚の看護師の方たちや
ドクターに対しても同様だといいます。

つまり、ある程度のキャリアをお持ちの
看護師の方が学びに来られているのです。


企業研修でもそうなのですが、この養成塾のプログラムは、
ある程度のキャリアを積まれていたり、
ある程度の役職にある方が学ばれています。

職場のマネジメントに生かすという観点でも、
この養成塾のプログラムは生かされているようです。


ですので、「臨床カウンセラー養成塾」なのですが、
カウンセラーを目指しているわけではない方も学ばれています。

それぞれ、自分のお仕事に、或は自分の生活に生かしていきたい。

そうした動機で真剣に学ばれています。


今の社会で求められる「聞く」という力。

本当の意味で求められる「傾聴」とか「理解者」というあり方と存在。

そうしたニーズに応えるプログラムとして、
養成塾の授業は機能しているといえるでしょう。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒オンライン講座」無料お試し受講ができます。
>>試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/10/04 (Fri) 18:24
有資格者・プロ向けの授業です

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



養成塾で中心的に行っている授業は何かというと、
一言でいえば「面接研究」です。

「面接技術の向上」を目的として、そのために様々なプログラムをこなします。

受講者は主に有資格者・プロのカウンセラーやセラピストであったり、
プロを目指している方であったりします。


そうした方々が養成塾で訓練を積むことによって、主に次のことがマスターできます。


●短時間でクライエントに信頼される対応

●相談内容・問題の真相を理解し、解決の道筋を短時間で掴む方法

●様々な状況に対して適切な言葉で応じる力

●クライエントの内面を的確に、深く理解する力

●精密できめ細かい傾聴の感覚

●人間洞察、問題洞察、状況を洞察する力 等



資格を取った後、実際の面接(セッション)でぶつかる様々な問題や困難。

それらに対してどう対応したり、どう克服したりすれば良いのか?

その答えを指導者や仲間と共に見つけるための授業。


それが「臨床カウンセラー養成塾」の授業になります。


「実際には何をすればいいのか?」

「具体的にはどうすればいいのか?」

「プロとして何をどう目指せばいいのか」



こうしたことを学ぶことができます。


内容の比率としては、理論が20%で実践が80%です。

特に養成講座の場合、トータルの訓練時間は56時間に及びますが、
そのうち理論学習は16時間です。

しかも、その16時間はテキストを徹底して読み込み、
そこに書かれていることが腑に落ちるまで時間をかける独自の学習法です。


臨床において本当の力をつけたい方、
真の意味でクライエントの援助のできる力をマスターしたい方。

「臨床カウンセラー養成講座」はそうしたニーズにお応えするためのプログラムです。






追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/09/29 (Sun) 22:18
傾聴訓練の目的とは?

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



今日は「養成講座」の「傾聴トレーニング」を行いました。

いつものように会話を録音し、その録音記録を再生しながら
その時のやり取りをチェックしていきました。


養成塾では予め話す内容を決めません。

その場で話したいことを話し手役の方に決めて頂きます。

実際に話したいことを話して頂きます。


そういう設定ですので、時には非常に深い話が出てきます。

その方の仕事の話や実際に経験したこと、悩んでいることだったりします。

ですから、聞き方のチェックだけではなく、
話された話について、かなりじっくりと考えます。


「傾聴トレーニング」ということではありますが、
話された内容は作り話ではありません。

実際にあったこと、実際に考えたり思ったりしたことですから、
毎回その聞き方、受け止め方(理解の仕方)も違います。

当然聞き手の対応の仕方(応答)も毎回違います。


会話は生き物であり、話しているのもまさに一人の人間。

ですから話の内容や話し方には、その人の「人となり」がにじみ出ます。


そうした「人となり」を聞き手が豊かに感じ、そして受け止める。

そういう聞き方と聞く姿勢を磨くことを目指します。


カウンセリングはある部分ではお互いが心を一つにするものです。

カウンセラーとクライエントが心を一つにして
様々な問題について対話を通して一緒に考えていきます。

そうした関係を維持するために必要なことの一つとしての傾聴です。


ですから機械的な対応であっては目的を十分には果たせないでしょう。

オウム返しの連発が通用しない所以です。

瞬間瞬間での生きた対応をどこまでできるかということになります。


養成塾で行っている「傾聴トレーニング」は、そこを徹底して訓練していくものです。

つまり「生きた対応」ができる「反射神経」を磨くわけです。







追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/09/14 (Sat) 10:02
ロールプレイによる傾聴トレーニングを実施

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



昨日は「養成講座:クラス4」の「傾聴トレーニング」を実施しました。

ロールプレイの実技をして、その会話の録音記録を検討しました。


今回はお二人ともプロのカウンセラーの方が受講生。

塾生お二人とも、2年前から親交があり、気心知れた間柄です。



今回お一人は、2週間前に実施した時に比べると、
格段の進歩を見せてくださいました。

前回は相当に大きなショックを受けたと思われますが、
そのテーマとまっすぐに向き合ってきたことが伝わってきました。


聞く姿勢の変化、そして話を聞いているときに、
自分の中で起きていることへの自覚度のアップ。

それは「聞き方」や「振り返り」の端々に現れていました。

自分の課題にストレートに直面できることで、
やはりその後の進歩・向上の度合いも違ってきます。


今回のお二人は、そうした取り組み姿勢を持ちつつも、
同時にそれをどこかで楽しんでいる感じがしました。

ここの「どこか楽しんでいる」が「ミソ」かもしれません。

「よ~し」という、腕まくりするような勢いですね。





追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。