最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/12/30 (Fri) 11:10
■年間14回開催できました


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「一年間で14回の開催」



養成塾において体験講座などの「公開講座」を
継続して開催させて頂きました。

その数、今年一年間で14回。


有料広告は一切行わず、
リアルの営業活動もしていません。


ひたすらブログでの告知のみ。

ブログの記事に共感して下さった方が、
年間を通して「養成塾」に来て下さいました。


震災で中止した月もありましたから、
絶えることなく続けられたことはありがたいことです。


しかも、「体験講座」であるのに、
その7割はリピート受講の方でした。


私自身ちっぽけな一個人ですし、
内容も「カウンセリング」という地味なもの。

それでも、年間を通して14回の開催と、
毎回ほぼ満席で継続できたことを振り返ると、
驚きと感謝の気持ちを新たにしています。



そして「体験講座」を経て、
「養成コース」の受講者も増えています。


「体験講座」で「何か」を感じた。
もっと突き詰めていきたいという思いが出てきた。


何かに導かれるように申し込んだという方もいました。

はじめは仕事のためと思っていたが、
今は"自分のため"に学習するという塾生さんもいます。


「自分で自分を変えていく」術を学ぶ。

「道理がわかり、ものに動じない自己」を確立する。


いずれにしても、このブログを起点に、
「真剣に生きる」「心の穏やかさを手に入れる」

そうした深い「体験学習」の輪が
ゆっくりと広がっています。


今後もこうした輪が拡がるだけでなく、
その深さを増していく「学習」を提供する。

そこにエネルギーを投入していくつもりです。











スポンサーサイト

2011/12/16 (Fri) 09:38
シークレットセミナー


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



昨日は養成塾の塾生さんだけの
シークレットセミナーを行いました。

二十数名のみへの告知でしたが、
十名の方が参加して下さいました。


今年一年の集大成として、
実際のケースを一日かけて学習しました。


受講された方々の反響も様々でしたが、
今までにない学びや気づきも得られたようでした。


実際に自分が人と接するときに、
何を気をつければいいのか。

受講者のみなさんはそれぞれに、
そこに焦点が当たっていたようですね。



会場の近くで一枚。


$臨床カウンセラー養成塾

イルミネーションが綺麗ですね。




●養成塾のメルマガ
実際の面接に必要な力を磨くための
エッセンスを配信中。

手紙メルマガに登録する










2011/10/29 (Sat) 20:06
■傾聴・ロールプレイ演習


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し下さり、ありがとうございます。


「11月体験講座」はおかげ様で満席となりました。
お申込み頂いた皆様、誠にありがとうございました。



さて、先日の体験講座で
「ロールプレイ実技演習」を行いました。

参加者の反響は、今回も大きいものでした。


多くの人が、傾聴という言葉は知っていても
実際にどうすればいいのかを知りません。

あるいは、自分は傾聴が出来ているのか?
どの程度出来ているのか、いないのか?


そこを具体的に(厳密に)チェックする。
そういう機会がなかなか無いようですね。


しかしこれを「一言一句」のレベルで磨けば
面接力が格段にレベルアップします。

セラピストとしてのカウンセリングの腕は
群を抜いたものとなるでしょう。



そこで、またまた参加者のご要望にお応えして、
12月1日(木)に「ロールプレイ実技演習」を
まる一日かけて行います。


●冬季特別ワークショップNEW

『傾聴ロールプレイ実技演習』

日時:12月1日(木)10時~18時
会場:明治神宮前(原宿)
定員:6名


ベル詳細と受付は近日中に(^o^)/









2011/06/13 (Mon) 14:36
【反響】エンカウンターグループ盛況のうちに終了しました


こんにちは、鈴木です。




こんなお声を頂きました。



「もっと人が好きになりました」

「充実した時間を過ごせたと思います」

「結論からいうと、とても面白かったです」




6月12日に無事終了しました、
「エンカウンターグループ」の感想文。


セッション終了後、参加者が
シートに記入頂いた感想文をご紹介します。


今回も様々な人間模様が生まれ、
濃縮された体験学習となったようです。

以下に、掲載の許可を頂いた方のものを
ご紹介させて頂きます。↓


-----------------------------------
人の話をきちんと聞き、受け止めようとすること、
また自分の意見を伝えようとすることが、
これほど大変だとは思いませんでした。

特に最後の方は、
人の話をただ聞いていることさえ困難なほど、
頭が疲れてしまっていました。

参加者の皆さんがこれまで
それぞれの人生を生きてこられて、
普段口にできない様々な悩み、
苦しみがあることを知りました。

内容は違っていても、
自分だけではないのだなあ・・と。

人が語った内容に対して、そう簡単に
意見や感想を言えない気持ちになりました。

自分の悩みについて、今日だけで
解決の糸口が見つかったわけではありません。
まだまだ自分で掘り下げる必要があります。

ただ、一生懸命に話を聞き、
話そうとされている参加者の皆さんと場を共有して、
もっと人が好きになりました。

自分を知り、人を理解しよとすることは
とても困難なことですが、これからも決して諦めず、
チャレンジし続けようと思います。

ありがとうございました。

石原さゆり 様

-----------------------------------
最初は戸惑いましたが、
皆さんが徐々に各々の好きなことや悩みなど、
ある意味腹を割って話されるのを体験し、
いろいろと感じるものがあったように思います。

とても独特の雰囲気の中、沈黙も多々ありましたが、
途中からはその沈黙も楽しめていたように思います。

自分の悩んでいたことの解決に
つながるヒントを得られただけでなく、
他の参加者の皆さんも
得るものがあったように思われたので、
充実した時間を過ごせたと思います。

ありがとうございました。

西浦裕之 様

-----------------------------------
グループになって話をする時
「話をしていない人がいるから話題を振らなきゃ」といった、
周りの人の反応などが気になったり、
全体の流れを気にしたりすることが多いが、
あまりそこに目を向ける必要がなく、
その人なりの表現で良いのだということを学んだ。

自分の話でないにも関わらず、
自分の話に置き換えることで、
自分の中でフィードバックができて、
今後に向けての良い勉強の場になった。

沈黙になるのが今までずっと嫌だったのだが、
発言する人が次の言葉を探している姿を
実際に見ることができて、
沈黙に対して「寄り添う」ことの重要性を
再認識することができた。

ちのぴぃ 様

-----------------------------------
最初の沈黙にちょっと戸惑いましたが、
その中でも自分の心の動きがあることに気づけました。

信頼関係に向かって、
これからも歩み続けようと思います。

S・Y 様(女性)

-----------------------------------
今日は盛りだくさん。
いろいろあり過ぎて何から書けば良いのやら・・・

エンカウンターグループの参加は、初めてだったので、
結論から言うと、とても面白かったです。

他者の「気づき」「心の動き」、言ってみれば
喜怒哀楽の全ての星屑が目の前に
ドサッドサッと落ちてきて
磨けばまた星のようにキラキラと光る
アイディアの宝庫のような、そんな感じでした。

たくさん拾って、しょって帰ります。

ありがとうございました。

宥山 様

-----------------------------------



ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。

この後の懇親会でも、更に深い交流が生まれ、
この時代の「エンカウンターグループの存在意義」
改めて強く強く実感できた次第です。



次回は8月7日(日)に開催します。
告知は近日中に、このブログでも行います。



追伸:

実は、「参加したい」というお電話を
既に頂いております。

正式なお知らせまで、もうしばらくお待ちください。







2010/12/02 (Thu) 18:19
自分を深く見つめたN・Wさん


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「宿泊形式でぜひとも!」


そう書いて下さったのは、N・Wさん(20代男性)

先日のエンカウンターのことです。

私が「今度は宿泊形式でやれれば・・・」
と話したのを聞き、興味津々となったわけです。

N・Wさんの振り返りシートです。

-------------------------
自分の体験談など話そうと思って参加しましたが、
色々と考え過ぎてしまって聞くだけという時間が
大部分になったのが残念でした。

しかし、前回参加した時と同様、
人の話を聞くというのに集中するだけでも、
自分自身を深く見つめることが出来ましたし、
人の考えを知ることにより、
視野を広げることが出来ました。

出来ることなら、参加者が悩みを話されている時に
適切な返答を返すことが出来たら良かったのですが。

それが出来る様になりたいと強く思いました。

後半に自分の体験談を
少しだけ話すことができましたが、
それで励まされた人がいた様なので、
良かったです。

次に来るときは、もっと経験を積み重ねて
参加者の方を勇気づけられる様に
なりたいと思います。

ありがとうございました。

-------------------------

私がこのコメントで、特に
印象に残った個所はここです。


「人の話を聞くというのに集中するだけでも、
自分自身を深く見つめることが出来・・」



人は誰かの話を聞くとき、漫然とではなく、
常に自分の価値観や人生観を通して聞くものです。

その時に、相手の価値観や人生観と
自分のそれらが「ガチャン」とぶつかる。

その時、自分の価値観が大きく揺れ、
新たに生まれ変わることすらあるのです。


人と人とが深い交流をする意義が
ここにしっかりと書き出されている。

私はN・Wさんのコメントを読み、
それを再確認できた思いがしたのです。








| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。