最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/26 (Wed) 10:30
面接で伝わってしまうもの

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。


「伝えると伝わる」


カウンセリングの中で、カウンセラーが何かを伝える。

それは言葉であったり、態度であったり・・・・


基本的にカウンセラーはクライエントの話を聞くことに専念します。

クライエントの話を聞いて、その訴えの真意を理解します。

ですから、カウンセラーから何かを伝える場面はあまりありません。


しかし、例外的にカウンセラーから話をする場面もあります。

それは、カウンセリングの流れを立て直すときであったり、
カウンセラーが感じたことを伝える必要があると思ったときです。


率直に何かを伝える。

それによって、クライエントの心の中に建設的な変化が起きる。

あるいは、カウンセリングが一歩進展する。

そう判断されるときには、例外的にカウンセラーが動きを見せます。


そう、これは伝えるという話です。

今回の主たる話は、そうではなく「伝わる」という話です。


カウンセラーが意図する、しないとに関わりなく、伝わってしまうもの。

実は、こうした要素のほうがカウンセリングには影響を与えるものです。


そのカウンセラーがもっている人間性ですね。

あるいはそのカウンセリングに臨む姿勢、心のあり方ですね。


難しいのは、こうしたものは意図せずとも伝わってしまうということです。

しかし、カウンセリングの成否を決定づける要素は、実は、こういうところにあったりします。


カウンセラーから醸し出されるもの、にじみ出るもの。

こうした要素が成否に大きく影響しているわけです。

何よりも、クライエントは、こうした要素を感じとります。

それも半ば無意識に感じていることが多いでしょう。


「このカウンセラーは、何か違う・・・・」


これが信頼できるという感じになるのか。

それとも、違和感という感じになるのか。

これによって信頼感が生まれるか、生まれないかが決まります。


クライエントはカウンセラーの一つ一つの言動だけでなく、
カウンセラーが意図せずに伝わってくるものを感じ取ります。

そうした要素はカウンセラーが普段どんな姿勢でカウンセリングをしてきたか。

そうした「積み重ね」によって決まってきます。

つまり、積み重ねたものはうそをつかないといえますし、
積み重なったものはごまかせないということですね。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2014/02/03 (Mon) 10:06
カウンセラーに必要な2つのあり方

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「母性と父性が必要です」


カウンセラーには母性と父性、その両方が必要です。

場面によってそのどちらかを適宜発揮することが求められるからです。

では、母性と父性、この両者はどう違うのでしょうか?


母性というのは、主に受容、そしてそこにいることです。

傾聴や共感的理解に専念する姿勢が主に母性。

そして暖かさ、柔らかさ、受け止める大きさですね。


父性というのは、主に指し示し、そして導くことを指します。

傾聴や共感的理解に加えて、世の道理、原理原則を説いていきます。

摂理(自然の法則性)を説くといってもいいかもしれません。


近年この父性的な役割・接し方のニーズが増えているように思います。

それは子育てにおいても、企業内のOJTにおいても、教育の現場においてもです。


父性というのは「背中を見せる」一貫した生き方が求められます。

その生き方の迫力に欠けるためか、見せる背中を持ち合わせていない。

そのために父性的な役割が取れない大人が増えているのかもしれません。


繰り返しますが、カウンセラーには母性と父性、その両方が求められます。

信頼され、成長につながるカウンセリングを目指すなら、この両方を獲得することです。

つまり、カウンセリングでは、カウンセラーが「見えないリーダーシップ」を発揮できる必要があるわけです。

こうしたリーダーシップを発揮できれば、カウンセリングは様々な成果を生み出せます。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/12/14 (Sat) 08:54
カウンセラーの迷いを断ち切るには?

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「迷いが自分を育ててくれる」


先日、あるキャリアカウンセラー(女性)の方とお会いしました。

お会いして、カウンセリングに関する質問を
いくつか受けた中で、このような話が出ました。


「自分はカウンセリングをしていると、驚かされることがある。

なぜなら、クライエントの方が、こちらが予想していなかった形で
見事に立ち直っていく場面に遭遇するからだ。


しかし、同時にその場面について行けない自分がいる。

クライエントの方はこんなに立派にやっていけるのに、
自分はそれに十分応えているのだろうか?

自分は本当にこの人のカウンセリングをする資格があるのだろうか?


そう思うと自信がもてず、辛くなる時がある。」


そのキャリアカウンセラーの方は、言葉を選びながら、
私の目に訴えかけるように、そう語ったのです。


私はそのお話を聞いて、この方は
極めて真っ当な道を歩いていると感じました。

そして、お話を聞いて感じたことを、こうお伝えしました。


「この仕事(カウンセリング)をしていれば、誰もが通る道。

自分はやっていけるのか?自分はダメなんじゃないだろうか?

真面目にやればやるほど、そういう思いが出てくる仕事。


あの河合隼雄氏も、何度もそう思ったといっている。

大変な仕事だと・・・・


ただ、河合氏はこうも付け加えている。

我々の仕事は、自分はダメなんじゃないかと常に思わされる。

しかし、自分はダメなんじゃないかと思わなくなったときは、
それは本当にダメになった時なのだ。」


彼女は私の言葉を真剣な表情で聞きながら、
まなざしを上に向け、その言葉の意味をかみしめていました。


心理カウンセリングという仕事は大変な仕事です。

そもそも、人間相手の仕事に自信などもちようがないはずです。

私自身、10年ほどやってきて、自信をもてたことなど
これまで一度もありません。

毎回毎回「これで良かったのか・・」という思いになることはあっても、
「よし、できた」「上手くいった」等とは、思いようがないのです。


しかし、そうした思いをしっかりと抱えながらも、
自分の仮題を見つけ、一つ一つに真正面から向き合っていく。

そういう取り組みを続けていくことで、レベルアップが可能になるのです。


カギとなるのは「覚悟」と「信頼」です。


自分にできるだろうか、できないのじゃないだろうか。

こうした迷いを断ち切り、「やるんだ」という覚悟ですね。

「やるしかない」というところに心を一つにすること。


カウンセリングという仕事は難しい仕事ですから、
できるだろうかという問いをもつと自信がなくなります。

そうではなくて、「よし、やるんだ」と決めてしまうことですね。


自分の力がたとえ未熟であっても、その未熟な力で全力を尽くす。

自分の持てる力を精一杯捧げるしかないわけです。


そして、自分の選んだ仕事、自分のクライエント、自分の学びの方法。

これらを一つ一つ「信じる」こと、信頼することですね。

「信頼」は大きな力になり、私たちを確かな方向に導いてくれるものです。


ただ、どうせ迷うなら、徹底的に迷ったほうがいいでしょう。

そうした迷いは自分を育ててくれもするわけですから。





追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/12/03 (Tue) 20:20
カウンセリングを通して人生を知る

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「ガチャガチャするのが人生と知る」


数年前、私のカウンセリングの師匠のカウンセリング講座で、
こんな一幕がありました。

講座の受講者の中に40代後半の男性がいました。

彼は講座の中で、自分のある状況について打ち明けました。


彼の話から察するに、家庭の問題や仕事の問題が同時に発生していて、
中々思うようにそれらが解決できずに悩んでいるようでした。

そして、最後に「ガチャガチャしていて、落ち着きません」と言いました。


その言葉を聞いて少し間があってから師は、
やや諭すような感じで、そして語り掛けるような口調で、こう言いました。


「ガチャガチャするのが人生なんですよ」


その受講者は師の言葉を聞き、「そういうもんですか?」
と訊き返していました。

師は首を大きくしっかりと縦に振りながら
「そういうもんですよ」と応えていました。


私はそのやり取りを聞きながら、
今まで出会ったクライエントのことを思い出していました。

また、クライエントだけではなく、私の知人や友人、
そして自分自身の人生をも振り返っていました。

そして師の「ガチャガチャするのが人生だ」という言葉の響きを
自分の心の中で、何度も反芻していたのを思い出します。


人生を生きていれば、いろいろなことに遭遇します。

時には理不尽なことだったり、自分が全く予期せぬことだったり・・・


それでも私たちは生きていかねばなりません。

そういうガチャガチャした状況の中を生き、
いろいろな問題を抱えながらも、自分の足で歩いていく。

時には誰かの力を借りながら、再び自分の足で歩いていく。

ある意味、それができることが「大人」といえるかもしれません。


悩み事や心配事などなく、快適な人生。

そんな人生があればいいですが、残念ながらそれは「幻想」です。

誰もがその人その人の悩み事、心配事を抱えています。


それでも、顔をあげて、前に向かってしっかりと歩く。

時には右にそれたり、左にそれたりしながら、また真っ直ぐ歩く。

膝をついてしまう時はあっても、再び立ち上がって歩いていく。


こうしたことの一つ一つに、その人の人生があるといってもいいでしょう。


カウンセラーとしてカウンセリングをさせて頂くのであれば、
こうしたクライエントの人生、その一つ一つを心から尊重する。

そして、出来る限り一緒になって、
そのガチャガチャしている人生を歩かせて頂く。

一緒になって右に左に揺れ、
一緒になってしゃがみ込み、再び立ち上がって歩く。


カウンセラーである私たちは、
人生はその繰り返しであるということを、深く心に刻む。

そういう姿勢でカウンセリングに臨みたいものです。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック







2013/11/02 (Sat) 12:35
カウンセリング成功のカギは安定感

●カウンセリングQ&A「90秒無料オンライン講座」が、今すぐ受講できます。
>>受講してみる




塾長の鈴木です。


カウンセリングには、様々な方が来られます。

年齢でいうと10代から50代、男女半々の比率です。

相談内容も人間関係や、仕事の悩みを初めとして多岐にわたります。


そこで、しっかりとしたカウンセリングを行うために
非常に重要な要素となってくるのは「安定感」です。

この「安定感」というのは、カウンセラー側の「安定感」ですね。


相談に訪れる方は、強いストレスを抱えていたり、
精神的に参っていたり、不安定な状態の方もいます。

そういう方の相談に乗るこちら側の条件としては、
やはり安定しているということが必須要素です。


カウンセラーは問題解決の専門家でもあり、
相談に訪れる方よりも広い視野と長い見通しを持っています。

そういう視野と見通しからくる地に足のついた感覚、
それが安定した感じとしてクライエントに伝わります。

また、数多くのカウンセリング経験によって培った感覚から
面接の中で終始一貫した安定感をもつことができます。


この安定感をクライエントが感じた時に、
クライエントもまた良い意味で影響を受けます。

不安や追い込まれた心理状態でいた人でも
「なにか、大丈夫なのかな?」という気持ちになる。

この落ち着きを取り戻すことそのものが、とても大切です。


カウンセラー側には、こうした精神的な安定感が必要で、
常日頃から安定感が醸し出されるように自分を磨くと良いでしょう。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒オンライン講座」無料お試し受講ができます。
>>試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。