最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/23 (Thu) 22:17
カウンセラーとしての覚悟

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「覚悟が道を切り拓く」


学校教育の現場では、現在も様々な問題が起きています。

私がスクールカウンセラーをしていた5年間でも、いろいろな問題が発生し、いろいろな課題も山積していました。

そんな中でスクールカウンセラーとして仕事をするには、生半可な気持ちでは務まりませんでした。


現に私が勤めていた5年の間に、何人ものスクールカウンセラーが途中で辞めていったのです。

教師や保護者・子どもたちの信頼を得られずに辞めていった人間。

自ら心身の不調を訴えて辞めていった人間。

学校や保護者とのトラブルなど、問題を起こして辞めていった人間。

様々な理由でスクールカウンセラーの職を辞していったのでした。


実は私がスクールカウンセラーに赴任した学校は、どれも前任者が何らかの問題を起こして辞めた学校でした。

つまり、問題があって辞めた人間の後任として私は赴任したのです。

赴任した学校全てがそうした交代劇によるものだったのは驚きました。


しかし、驚いている暇はありませんでした。

なぜなら、そうした問題によって、スクールカウンセラーの信頼や評判は当然失われます。

その失われた信頼や評判を取り戻し、しっかりと仕事をすることが私に課せられた使命となったからです。


そういう状況で乗り込んでいく立場になった私は、ある一つの決意を胸に赴任しました。

その決意とは・・・・・


「辞表を胸に仕事に臨む」


どんな仕事でも覚悟をもって臨む。

全ては自分の責任においてスクールカウンセリングを行う。

もし失敗したら、全ての責任を取って辞めようと思っていました。

そして、師匠の研究所からの派遣という形で学校に赴任したので、何かあったら師匠の元をも去る覚悟をしていました。


一度トラブルがあり、交代劇のあった現場です。

その後からくるスクールカウンセラーには、当然大きな期待が寄せられます。

そのプレッシャーは正直大変なものがありました。


しかし、私はその任を受けることにしたのです。

受けると決めたからには、不退転の決意、覚悟が必要でした。

そこで、いつでも辞める覚悟で仕事に当たることを決めたのです。


ところが不思議なもので、辞める覚悟で仕事に臨むと、辞めなければならないような事態にはそうそうならないものです。

自分で言うのもなんですが、並々ならぬ覚悟というのは、自然と相手に伝わるようです。

いろいろなケースを担当しましたが、誰一人として私とぶつかる人間はいませんでした。

子どもの力になるという「大義」があったからか、自分でも驚くくらい、言うこととやることの一貫性があったと思います。


今思えばそんな場を与えてくれた師匠には、本当に感謝しています。

そして暖かく私を迎え入れ、信頼して一緒に仕事をしてくれた先生方にも感謝しています。

物事を成し遂げたり、道を切り拓いていくために最も必要なこと。

それは経験や技量よりも「覚悟」である。

結局最後は「覚悟」なんだと思います。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2012/04/20 (Fri) 18:04
カウンセリングと生徒指導


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



昨日、体験講座を開きましたが、
その後の懇親会の席でのこと。

ある受講者の方から、スクールカウンセラーの話が出て、
私も小学校のSC時代の話をしました。


ある小学校では、学級崩壊のクラスがあり、
担任、副担任の先生と共に、
その立て直しに挑戦したこともありました。

その時の話など、ついつい熱く語ってしまい(笑)

まあ、講座では出てこない話も
懇親会だと話しやすかったりもしますね。


カウンセリングは元々
教育の世界から生まれた部分もあります。

つまり生徒への関わり方を探究し、
一つのモデルとなったのがカウンセリング。

そういう側面もあるわけなんです。


生徒との信頼関係を築くための働きかけ。

子どもの心を開く関わり方。

こうしたことを追求し続けて生まれた。

それがカウンセリングでもあるわけです。


懇親会ではそんな話もしました。


生徒を心から信頼する。

生徒の内面を理解する。


ここに全力投球することが基本形だと
現場で先生たちと取り組む中で痛感したものです。


追伸:

5月の「体験講座」は下記の日程で開きます。

日時:5月31日(木)13時半
会場:原宿(明治神宮前)
定員:8名
内容:「傾聴ロールプレイ演習」

近日中に受付スタートします。



「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2010/11/17 (Wed) 16:43
学校現場での一幕


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「連絡帳はこうですか?」


スクールカウンセラー時代。
職員室でこんな一幕も。


ある保護者から、やや不満気味の連絡帳が。
担任の先生、返信に困っていました。

そこで、私の所にやってきて、相談。


最終的にどうしたかというと、
私が先生の返信メモを添削指導(^^)


私が直した文章を保護者へ。

結果、事なきを得て、
これからもよろしくお願いしますと返ってきたそうです。

時には学級崩壊したクラスの
担任・副担任の先生と毎週ミーティング。

一緒に学級を立て直したこともありました。

完全に立て直すのに、
夏休みを挟んで4ヶ月かけましたね。


そうした現場で常に心がけたこと。
なんだと思います?


もちろんそれは傾聴です。
傾聴なくして、この仕事はできませんよ。

追伸:
傾聴・聞くスキルをマスターしたい方。
11月20日の下記の研修で、お伝えします。

持ち帰れるスキルをご提示します。




確かな臨床力をつけて、自信を深めましょう。
本物の傾聴力を磨き、面接の不安を解消しましょう。


【傾聴と共感的理解の徹底演習セミナー】

日時:11月20日(土)13:30~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:講義とロールプレイ&解説
概略:理論と実践をつなぐ練習でレベルアップ(中級編)
受講料:7000円
定員:12名
講師:鈴木雅幸

【グループエンカウンターワークショップ】

日時:11月28日(日)10:00~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:グループエンカウンターワークショップ
概略:参加者同士が心を通わせるワークショップ(初級編)
受講料:12000円
定員:8名
ファシリテーター:鈴木雅幸


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「○日セミナー申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。










2010/11/13 (Sat) 08:34
問題児への接し方

カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「子どもたちの胸を借りるつもりで臨め」



これは我が師の言葉です。

小学校のスクールカウンセラーをしていたとき。
月1回、ケースカンファレンスがありました。

そこで各校のカウンセラーがケースを提出。
同僚と師のスーパーバイズを受けていました。


小学生の面談に悩むカウンセラー。
その時、師匠はこう言ったのです。


「これまで教育相談では、小学生には
カウンセリングは出来ないと考えられていた。

だからだいたいプレイセラピーだった。

しかし、我々が小学校に赴き、
その常識は間違っているとわかった。

小学生であっても、
自分の内面を十分に言葉にできる。

自分の思い、胸の内を
ちゃんと語ることができる。

つまり、カウンセラーがきちんと
面接をしていなかっただけだ。

ただ、小学生の面接は難しい。
支離滅裂に話す子や、表現が稚拙なことが多い。

そこを緻密に広い、きちんと理解していく。
そういう聞き方をしていけなければならない。

そういう意味では、小学生との面接は
カウンセラーの力が試される。

子どもたちの胸を借りるつもりで臨むことだ。」


一堂に緊張が走りました。
私もその時、何人もの子どもの顔が浮かびました。


子どもの胸を借りるつもりで臨む。
その言葉は、私の座右の銘となりました。


スクールカウンセラーをしていたとき、
もう一つ、座右の銘がありました。


「問題児は我々に問題を提出してくれている」


河合隼雄先生の言葉です。

この2つを座右の銘とし、私は
スクールカウンセリングの5年間を経験しました。





確かな臨床力をつけて、自信を深めましょう。
本物の傾聴力を磨き、面接の不安を解消しましょう。


【傾聴と共感的理解の徹底演習セミナー】

日時:11月20日(土)13:30~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:講義とロールプレイ&解説
概略:理論と実践をつなぐ練習でレベルアップ(中級編)
受講料:7000円
定員:12名
講師:鈴木雅幸

【グループエンカウンターワークショップ】

日時:11月28日(日)10:00~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:グループエンカウンターワークショップ
概略:参加者同士が心を通わせるワークショップ(初級編)
受講料:12000円
定員:8名
ファシリテーター:鈴木雅幸


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「○日セミナー申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。










| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。