最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/26 (Mon) 10:34

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「安心して相談される人間になる」


何かを人に相談する。

これはとても勇気の要ることです。


なぜ勇気が要るかというと・・・・


1)自分の抱えている問題を話さなければならない

自分が嫌なこと、苦しいこと、不安なことを話す。

こうしたことを話すこと自体、とても苦しいことです。

だから、気軽に誰かに話せるはずもなく、話す相手も選びますし、
話すタイミングも選びます。

また、どう話したらよいか、どこまで話せばよいかなど、
相談する側はいろいろなことを話さなければなりません。


2)相手に負担を負わせることへの配慮

自分の悩みを聞いてもらうことで、相手に精神的な負担を与える。

そういうことへの配慮が働くため、なかなか打ち明けられなくなります。

誰だって人に迷惑をかけたくはありません。

だから、相談に乗ってもらいたいけど、迷惑では・・と考えてしまうわけです。


3)理解してもらえるかどうか不安

自分がぶつかっている問題やその苦労を、
本当の意味で理解してもらえるのか?

こうした不安があるために、相談するということは勇気が要ります。

実際、人の悩み、苦しみを理解するというのは、
そんなに簡単な話ではありません。

その悩みや苦しみが深いほど、本当の意味で理解することは難しくなります。


自分の悩みを人に相談するために勇気が要る。

その理由は他にもありますが、代表的なものを3つ挙げてみました。

こう考えると、相談を受ける側、相談に乗る側は、
この3つに対して、相談者に次のような気持ちになってもらうことが大切です。


1)自分の抱えている問題を話さなければならない

⇒相談する側の「話す苦痛」を良く理解し、受け止めてくれる人だ。


2)相手に負担を負わせることへの配慮

⇒負担ではないか?迷惑ではないか?という心配は一切要らない人だ。


3)理解してもらえるかどうか不安

⇒この人は私のこと(気持ち)を、本当によく理解してくれる人だ。


つまり、これが「安心して相談できる」という気持ちです。

カウンセラーやセラピストをはじめ、相談業務に携わる人は、
相談者にこのような気持ちになってもらうことが大切です。

そして、こうした安心感を感じてもらうためには、
具体的にどのような聞き方、対応の仕方が適切か?

そのことを十分に学習し、実践できるようにしていきたいところです。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










スポンサーサイト

2013/02/16 (Sat) 09:29

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


昨日は大阪にて、企業研修を実施しました。

IT関連の社員1万人超の企業ですので研修会場も
高層ビルにあるオフィス内の綺麗なセミナールームでした。


企業研修の場合、「必須研修だから」「業務命令で」といった
あまり主体的ではない参加動機の方もおられます。

そのため、養成塾のプログラムではありますが、
進め方は塾の授業とは雰囲気を変えて行なっています。


だいたい研修の前半は受講生のみなさん、
半信半疑の様子で受講をしています。

しかし、プログラムが進むうちに、顔つきが変わり、
グループ討議やワークにも熱が入り、
やがて受講者全員が一つになっていきます。


最後の感想では

「たった一言の重みを痛感した」

「聞くということがこんなに深いことだとは思わなかった」

「会話というものについて、改めて考えさせられた」

といったコメントになっていました。


企業にお勤めの方は、業務を行う時に
基本的には「即断即決」で取り組んでいます。

そのため、自分の感情が置き去りになったり、
相手の気持ちを察するということをつい忘れがちになるようです。

その結果、知らない内にそれらがストレスにつながり、
積もり積もって調子を崩す場合も出てくるでしょう。


今回のように「言葉を介して心を察する」というような研修を受け、
改めて自分たちが忘れていた何かを思い出したり、
大切なことを再認識する機会は、やはり必要なのかもしれません。


「ケーススタディー」では、たった一言を考えるのに
グループ全員が頭を悩まし、真剣に考え続けていました。

普段、自分が発するたった一言を
ここまで時間をかけ、労力を割いて考えることなどないでしょう。


しかし、こうしてじっくりと取り組むことで、
人と心を通わすことはまだまだ出来るということ。

そして自分自身の気持ちも、もっと大切にできるということ。

そうした可能性を少しでも感じて頂けたら・・・と思った次第です。


追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2009/09/30 (Wed) 07:16
カウンセリングQ&A-9

Q9.カウンセリングを申し込んだ後、やはり受けるのを止めようと思います。キャンセルはできますか?

料金の入金前ならば、その旨をご連絡ください。
入金後のキャンセルについては、なるべくご遠慮願います。

それから申し込んだまま、何の連絡の無い方がいらっしゃいますが、キャンセル等の連絡は、必ずメールか電話でお願いします。

入金後、キャンセル等の連絡が一か月以上無い場合は、全額キャンセル料として頂戴します。

ちなみにこうした事務手続きをいい加減にする人はほとんどいらっしゃいませんが、このあたりを非常にいい加減にされる方は稀におり、この調子で人間関係や仕事などを万事済ませているのだとしたら、その人の立ち直りの危うさを物語っているといえるかもしれません。

自信をつける秘密を下記のページで公開しています。
パソコンの方はこちら
携帯電話の方はこちら

2009/09/26 (Sat) 09:24
前向きに生きる人、そうでない人の違いとは?

「あとは行動するだけですね。これからも続けていきます。」



心理カウンセラーの鈴木雅幸です。

上記の言葉をメールして下さったのは「自分を好きになるための短期速修セミナー」を受講してくださったAさん。

以下にご本人の了解のもと、メールをそのままご紹介します。

-----------------------
鈴木さん、こんにちは!

短期セミナー、ありがとうございました。それと無料相談もありがとうございました。

セミナーが終わってから、僕は携帯での受講でしたので、今までの講義を何度も読み返しながらノートに書き出しました。
そうやっていくうちに今まで気がつかなかったことに気がつけたり、漠然としていたことがはっきりして今はとてもクリアーな感じです。
何度も繰り返すたびに、いろいろ感じて気づいて自分なりに書き足していくうちに、身についてくる実感があります。
そうなればあとは行動するだけですね。これからも続けていきます。
ありがとうございます。感謝してます。僕は鈴木さんに出会えてとてもツイてますね(^_^;)
------------------------

う~ん、とっても前向きな文面、というか、前向きさが伝わってくる文面ですね。

そう、このセミナーは奥がとっても深いのです。そして繰り返し学習すればするほど、ジワジワと学習効果を実感できるのです。

そこに気づいたAさんは鋭い!というよりも、実際に繰り返し学習を実践している証拠です。

しかもただ繰り返すのではなく、自分なりに工夫して学習を深めています。

自己啓発というものはそう簡単なものではないのです。

本を読んで、セミナーに出て、講師の話を聞いたからといって、それで自分が変われるはずがない。

繰り返し実践し、検証し、フィードバックし、また実践し・・・・・

この繰り返しの果てにかすかな変化をようやく実感できるのです。上記のAさんのように・・・

そう、自己変革や自己啓発というものは実に大変な取り組みなんですね。

自分なりに試行錯誤の経験を重ねていくなかでしか手応えは感じられません。そう断言していいと思います。

でも逆にいえば、愚直に繰り返し、粘り強く取り組むことで確かな手応えを得られるともいえるのです。

そこには優秀さやスマートさなど要りません。必要なのはひたむきさや成長への執着です。「成長したい」という強い思いです。

これさえあれば、そしてこれらさえ持続できれば、自ずと道は拓けてくるというものです。

答えは単純。しかし単純なことを人並み外れて続けることは難しい。

でも、そこにこそ自分の未来を切り拓くカギがある。

・・・・・・そう思いませんか?


追伸:
「自分を好きになるための短期速修セミナー」がバージョンアップ!

個別電話指導が受けられます。【先着10名様まで】
パソコンの方はこちら
ケータイ用は携帯電話の方はこちら



自信をつける秘密を下記のページで公開しています。
パソコンの方はこちら
携帯電話の方はこちら

2009/09/24 (Thu) 05:59
カウンセリングQ&A-8

Q8.カウンセリングを継続して受けたいのですが、どの位の間隔(日数)を空けるのが良いのでしょうか?

通常、カウンセリングというのは、一回に50~60分、そして、一回一回の面接日は、一週間ほどの間隔で行うのが良いとされています。

それは、カウンセリングというものは、面談している時だけでなく、会っていない時間も続いていて、面接が終わって次の面接までの時間にさまざまな出来事、変化が起こる。その変化も、カウンセリングに影響を与える
からです。

そして、その間隔は、一週間が最も生きた時間になると考えられているわけです。

面接と面接の間にいろいろなことを経験したり、考えたり感じたり、なにかに気づいたり、何かを振り返ったりする。その期間が一週間あれば一番生きたものになると考えられているからです。

しかしながら、それは、クライエントの日常生活その他の事情を無視して言えることではありませんので、一週間というのは、あくまでも一つの目安としてお考えください。

私のクライエントの方の中には、月1回ペースの方もおられます。

つまり、大切なことは、面接と面接の間の時間を大切に考えていく(扱っていく)ということだと思います。

自信をつける秘密を下記のページで公開しています。
パソコンの方はこちら
携帯電話の方はこちら

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。